施設業態別でみる
働き方

薬剤師の活躍の場は、調剤薬局やドラッグストア、病院やクリニックといった医療施設、製薬会社などの企業など多岐にわたります。キャリアチェンジを検討中の方に役立つ情報をまとめました。

業種別ワークスタイル クローズアップ

  • 調剤薬局ではたらく

    調剤薬局ではたらく薬剤師は、処方箋の絶対的プロフェッショナルです。薬剤師の活躍フィールドとして最も主流で魅力もさまざまですが、調剤に特化し存分にスキルを磨ける点が最大のメリット。一期一会のふれあいから、地域医療の実情を肌で感じられるのが魅力です。

  • 調剤併設型ドラッグで
    はたらく

    処方薬の調剤・投薬に留まらず、OTC医薬品やサプリメント・健康相談など、幅広い知識を身につけられるドラッグストア。薬剤師同士が異なるフィールドを共有している環境で、厚みある、マルチタスクの頼れる薬剤師にチャレンジできるのが魅力です。

  • ドラッグストアではたらく

    未病を治す薬剤師として、セルフメディケーションの旗振り役と言えるポジションです。給料面では調剤薬局より比較的年収が高いことが多く、専門業務以外にも、店舗運営・店舗経営に関わる幅広い業務に携わることができ、ビジネスの観点でも成長できる点がメリットです。

  • 病院・クリニックで
    はたらく

    さまざまな分野のスペシャリストが集うフィールドで、チーム医療に携われることが病院薬剤師の最も大きな魅力です。医師や看護師などの他職種の方と一丸となり、切磋琢磨しながら同じゴールを目指す中で、薬剤師の存在意義をフルに実感できることでしょう。

  • 企業ではたらく

    企業における薬剤師の業務内容は、その企業により求められるものが異なり多岐にわたります。製薬会社では研究・開発のほか、自社の薬を保管する責任者として、管理薬剤師がかならず在籍します。一般企業の中で勤務するところから、土日休みが多いことは大きな魅力です。