企業訪問レポート株式会社鈴木薬局

株式会社鈴木薬局株式会社鈴木薬局

地域と社員の「健康」と「幸せ」を追求します!!

株式会社鈴木薬局

株式会社鈴木薬局

埼玉県に展開する株式会社鈴木薬局。

調剤を含む4つの事業を行い、地域の「健康」を見守る企業としてご活躍されております。
調剤の他、介護、就労支援、フィットネスという医療の枠を越えたところに特徴が際立っており、薬を正確で丁寧に提供するという従来の薬局の在り方を変化させていらっしゃいます。「薬を減らす薬局」、その方針が地域の健康に対して真摯に向き合う考え方になっているそうです。
独特な現場裁量型、薬剤師資格だけに捉われない働き方など、わくわくできる個性がありました。

インタビューをさせていただいた雫部長は「まだまだ組織は成長段階です」とお話しされておりましたが、目指すべきビジョンが明確だからこそのご意見だと感じました。
理念とその実践を鈴木薬局では行えそうです!!

本社所在地 埼玉県上尾市宮本町9-8 村田ビル3階
業種 調剤薬局
事業所運営エリア 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

人事インタビュー

株式会社鈴木薬局 人事部長:雫様
株式会社鈴木薬局 人事部長:雫様

自ら手を挙げられる会社です!!

色んなポジションの仕事内容があるんですが、まずはご本人にやる気があるかどうかを確認します。様々な機会に、手を挙げてもらってから適性を判断します
管理薬剤師の権限も大きく、1店舗の経営を見ていただいています。
店舗の特色にあわせたテーマから実際の店舗づくりまでの舵取りができる職場なんです。その先のエリアマネージャーも含め、まずは手を挙げてもらえる方にチャンスは巡って来やすいです。

薬局事業では業務に加え、役職とはまた別に、自分の能力を活かしていただける「専門担当」があります。
薬剤師として活躍するプラスαのところを成長させてくれるセクションなので、自らを高めていってほしいですね。

薬を減らす薬局

鈴木薬局の方針は、社員の幸せがあってこそ会社を運営できるという、現場の方ひとり一人が主役となれる職場を目指しています。幸せに働ける環境があってこそ、患者さまの健康を考え、幸せを考えられると思います。

よく社長が言葉にしている、薬を減らす薬局を目指すというのも健康を考える一環で、薬で病気を治すことが健康だという考え方ではないです。
当社の事業でも、在宅・介護分野でのサポートや、フィットネスクラブの運営によって、「日々の健康をサポート」させていただいております。
医療に頼らなければならないことはゼロではないでしょう。しかしなるべく薬に頼らない、そういったサポートすることが地域の健康と幸せを考えることにつながると、そう考えています。

専門担当(プロジェクトチーム制:全スタッフより公募)

会社の現場をもっと良くしたいと、どの企業でも考えていると思います。スタッフそれぞれが得意なことや、能力、想いをもっと経営や現場に取り入れたいと考え、専門部署を現在運営しています。

いくつか抜粋すると、
・調剤実習の受け入れからカリキュラムを検討・作成する薬学実習担当。
・業務フローの検討・改善を実行する業務改善担当。
・他、ジェネリック推進担当、在宅担当、CS・ES改善担当。
と、実に幅広く活動をしております。

薬剤師としての専門性と、業務構成の得意分野としての専門性の両面から、ご自分を活かすことができます。

外部講師を招いて、地域に開かれたセミナーも!!

階層別、職種別(専門系)、全体研修、薬剤師自主研修支援などをご用意しています。
時には、店舗が独自に計画し、地域に開かれたセミナーも行っています。
門前の先生や高齢者サービスつき住宅経営者の方が講師となった「在宅医療セミナー」、市役所の栄養士さんを招いての「食事の取り方について」等が、高血圧、糖尿病の方から好評をいただきました。

2012年7月 幹部研修会(グループ討論の発表)
2012年7月 幹部研修会(グループ討論の発表)
Message

『他の事業にもこんな特徴があるんです』

調剤、介護、就労支援、フィットネスといった4つの部門で、地域をトータルサポートしております。フィットネスクラブを運営している薬局は少ないと思います。
現在では4店舗を展開しておりますが、会員は小学生から90歳の方まで幅広くご利用いただいております。
会社自体も驚いているんですが、患者さまの口コミで広がって会員になられる方もいらっしゃいます。

皆さん、ご利用いただく目的はそれぞれお持ちだと思うのですが、会員が増える一つの要因は、薬局がオーナーで地域の健康づくりの一環として進めていることもあると思います。
特に、日常生活で運動にはなかなか縁がない方が多いと思いますし、一人で何かを始めるのも大変だと思います。
また、会員さまにとっても健康以外に一つのコミュニティの場としてご利用いただけていると思い、そういったサポートを、これからも力をいれていきたいと考えております。

現場インタビュー

患者さまでさえ気づいていないニーズを探る!!

MR出身、未経験初挑戦の女性薬剤師さん、「いつかは調剤に転向したい」という希望を持ち、鈴木薬局へ入社されました。
持ち前の努力と、MR時代のコミュニケーション力を活かし、現在では店舗でも欠かせない戦力としてご活躍されています。

患者さまと対面する中、大切にしていることは「患者さまのニーズを探る」ことだそうです。
ただしこのニーズの意味は、「顕在化」されているものではなく、普段薬局をご利用される中で、患者さまですら気づいてらっしゃらないニーズにフォーカスをあてているとのことでした。

「薬を早くお渡しする」「親身になって話を聞く」というニーズは、いわばどの患者さまでも同じことがいえる。つまり、薬局として当たり前のように受け止めることになるでしょう。
口に出せない悩みや相談、本当は普段の食生活について話を聞きたいことだって、ゼロではありません。
目の前にある患者さまが、薬局に求めたい真のニーズがあると心がけているのだそうです。

対話の中から学ぶこと

新店舗のオープニングスタッフとして入社・配属をされた男性薬剤師さん。門前は心療内科、お薬も複雑です。
お薬の勉強はさることながら、メンタル系はコミュニケーション力を身につける絶好の職場だそうです。

薬に対して不安をお持ちの患者さまも多く、医療機関での診療時間では相談しきれないことも、薬局でご相談する患者さまが多くいらっしゃいます。
多くの患者さまの質問も、薬の知識だけじゃ解決できないものはたくさんあります。薬への認識は知識でお伝えすることはできますが、患者さまの『不安』を取り除かないと次の会話に進むことができません。
患者さまからの信頼、医療機関からの信頼は、薬局運営に欠かせません。「また会いたくなる薬剤師」を実践されているのでしょう。

プロ意識を持ったワーキングマザーが在籍

勤続10年が経つ事務のスペシャリストが在籍。
子育て中のお母さんにも働きやすい職場を提供してもらえる会社だとおっしゃっていました。
職種に関わらず、就業者の生活背景を考えてくれるのが鈴木薬局の良いところ。
薬局の窓口である薬局事務は、まさに薬局の顔ともいえるべき大事な存在です。事務さんがいて初めて、薬剤師が業務に集中できる環境が整います。
薬剤師と患者の橋渡し、ここをいつも意識してお仕事に臨まれているとのこと。勤続10年のお祝いに、海外旅行にも行かれたそうです!

Message

『鈴木薬局の3つの「S」』

薬局業務は日々忙しく、時間に追われることもゼロではありません。その中で、会社が大切にしている3つの「S」をご紹介します。
一つ目のSは「Skill」で、スタッフひとり一人がやりがいを持って働ける研修制度を用意されていらっしゃいます。
新人、中堅、幹部の各階層研修をはじめ、全店舗集合研修会、店舗間研修会、薬剤師会などの外部研修に参加いただきます。
他、メーカーによる商品研修、インターネットや通信教育を使った研修でも豊富で、自分に合った自ら学びたいことを選択できます。

次に「Switch」。仕事の充実だけではなく、ライフスタイルも充実していただけるよう各サポートをされていらっしゃいます。
有給取得推進、永年勤続記念旅行もご用意されています。また産休・育休を取得し、職場復帰される方もいます。

最後に「Smile」、全社員が笑顔になれ、患者さまを笑顔にできる環境を追求しておられます。
日々、患者さまとふれあう中で、薬局が笑顔を忘れてしまったら…。患者さまがまた来たくなる薬局とは、また会いたくなる薬剤師を目指すこと。
ひとり一人が笑顔でもって患者さまを幸せにできる薬局づくりを行っています。

社員旅行:みんなでブリザードフラワーを制作お薬をお渡しする際、しっかり服薬指導。

写真左:社員旅行
みんなでブリザードフラワーを制作
社員の働きやすさを常に考え、職場環境を会社がバックアップ。社員旅行などのレクリエーションで、他店舗の同僚さんとも交流が持てます。

写真右:2012年4月27期経営方針発表会

クラシスからの視点

クラシスからの視点

職位と抜擢

4つの事業形態で地域の健康をトータルサポートしている鈴木薬局には、「チャンス」という魅力があります。店舗づくりに取り組むチャンス、専門担当にチャレンジして個性を磨くチャンス、事業拡大に参加できるチャンスと色んなビジョンに対応できる企業といえます。
特に、人材の育成にも力を入れており、管理薬剤師やマネージャーという上長職を目指していきたい方には、その魅力を実感してもらえると思います。
例えば、こんなケースがありました。20代半ばの男性を採用されたエピソードですが、人事の印象は素直で、穏やかな性格。どちらかと言えば、現場志向型だと感じていらっしゃったそうです。

鈴木薬局には若手研修会というものがあり、ディスカッション形式で進める内容。
その素直な性格は、研修の中で「自分の意見を伝える力」を存分に伸ばし、会社でも認めるコミュニケーション力を身につけられたそうです。仕事ぶりも正確で、同僚からの信頼も篤く、店長に抜擢。
やる気を測れる「物差し」は目に見えないだけです。自分本位だけで物事を考えず、目的を持って仕事をこなしていけば、「やる気はいずれ他者の目に見える」ようになる。その印象は、周囲の評価、また会社の評価に繋がっていくのです。

鈴木社長の考え方は「欠点の是正より、長所を思いきって伸ばす。その中で欠点も改善される」というものだそうです。
お互いに良いところを認め合い、伸ばしあっていこうという社風が、何事にも積極的な現場づくりに取り組む姿勢へつながっているのではないでしょうか。

取材日:2013年1月25日

この企業にご興味をお持ちですか?

転職・就職・派遣に関するご質問などございましたら、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

直接企業や医療機関に皆さまの情報が届くものではございません。お問い合わせいただいた内容ついて、クラシスの担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ内容