企業訪問レポートシップヘルスケアファーマシー東日本株式会社

シップヘルスケアファーマシー東日本株式会社シップヘルスケアファーマシー東日本株式会社

「薬剤師」が楽しくなる職場づくりを考える調剤薬局チェーン!!

株式会社サエラ

シップヘルスケアファーマシー東日本株式会社

仙台を中心に東北地方で調剤薬局を展開されております。

企業が持つスピリットは、「一生勉強・一生感動・一生青春」というバイタリティーが溢れんばかりの言葉に象徴されていて、社員さん達の笑顔が咲くような職場でした!!

医薬分業の草創期ほどない、平成2年の初出店。以来、様々なことに取組まれ、「日本初のドライブスルー薬局」「東北の調剤室では初の無菌室設置」「東北の調剤薬局初のPマーク取得」など、地域の医療ニーズに合った最先端を導入されました。

また現在では在宅医療にも注力され、来年には在宅ノウハウの集大成とも言える、育成プログラムをスタートするご予定です。安定成長を続けるシップヘルスケアファーマシー東日本(旧 株式会社仙台調剤)さんの事業と、社員さんが笑顔で安心して働ける制度や現場を、ほんの少し体験して下さい。

本社所在地 宮城県仙台市泉区泉中央1-7-1
業種 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)
事業所運営エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県

本社インタビュー

代表取締役の長南登志様
代表取締役の長南登志様

地域医療を支えるため安定した経営の土台を作っていきたいと考えています

もっと見る閉じる

当社は基幹病院の門前、クリニックモール型への出店が主です。特に、クリニックモールへの出店を強化しております。クリニックモール型の特徴は、複数の診療科目が一箇所に集中することで、利便性の向上と患者ニーズの掘り起こしができるところです。また薬局のスタッフにとっては、複数科目に携われる環境なので、知識やスキルが偏らずにレベルアップできる。

関連会社の株式会社オーエムピーが、ドクター開業のお手伝いをさせていただいております。マーケティングをしっかりと行った上で開院しますので、基盤がきちんと出来ている状態で、医療機関も薬局もスタートできるんです。クリニックと私たち薬局が手を携えて地域医療を支えていくというスタイルで事業を行っています。

人材育成が会社の原動力

もっと見る閉じる

当社では、人材育成に重点的に取り組んでいます。
薬局でも「○○さんがいるからこの薬局に来る」「○○さんから薬を渡してほしい」、と患者さまに思っていただける「かかりつけ薬剤師」を育成するために、「人」にフォーカスを当てた、人材教育を心がけています。

たくさんの研修プログラムを用意しておりますが、単なる「知識の植え付け」「スキルアップ」だけの研修ではありません。
一番の目的は「気づき」です。自分の興味のあることは何だろう、苦手なことは何だろう、将来何をしてみたいか、それに気づいてもらえることを主眼にした研修と言えるでしょうね。会社がこれをしなさい、あれをしなさいといったスタイルでは自身の成長を楽しめないと考えています。

自分から何が必要かを考えることは、キャリアデザインの一環であるとも考えております。ただ単に能力を身につけるのではなく、あくまでその「人」が持つ力を最大限に発揮できる育成と環境つくりに取り組んでいきたいと考えております。

在宅のアセスメントモデルについて研究しています!!

もっと見る閉じる

在宅事業に関しては、介護保険法が導入される前から取り組んでいました。当社の考え方としては、処方せんや薬だけに向き合うのではなく、患者さまの生活そのものと向き合えるケアを心がけています。

在宅医療において、基本的に患者さま毎に薬剤師を担当制にしています。患者さまを対応する時間を積み重ねるごとに、本音の話しができるようになり、次第に信頼にもつながり、安心して服薬支援を受けてもらえるようになります。また、ご家族の方からも信頼をいただけるようになり、薬剤師としての職能を、本当の意味で発揮できるようになると考えています。時間はかかりますが、そこが在宅医療の醍醐味ではないでしょうか?

薬は体に作用しますが、ホスピタリティや薬剤師ができるサービスは心理的なところにも「効き目」が生まれる。 長年在宅事業に携わってきた実績をもとに、現在大学と在宅アセスメントに関して共同研究を行っていて、近いうちに専門誌として発表する予定です。これから在宅に取り組みたいと考えている薬局でも使っていただける自信もあります。これから高齢化していく社会に、少しでも役に立てるものだと思っています。

在宅の取組みも長く、たくさんの事例から導いたノウハウをお持ちです。

在宅の取組みも長く、たくさんの事例から導いたノウハウをお持ちです。

これからの課題、人材育成の速度!!

もっと見る閉じる

これからも地域医療に取り組んでいくため拠点となる店舗の数を伸ばして行こうと考えています。店舗数が増加するとともに会社の将来を担う管理者育成が私たちの目標です。

管理者の仕事は患者さまだけではなく、医療機関と連携をとりながら現場の統括を行っていくなど多岐に渡ります。薬剤師としての職能だけではなく、同時にマネジメント力が必要になってきます。管理薬剤師と現場で働くスタッフが共に力を合わせて店舗を作り上げていくというスタンスの下、自主自立の観点にて薬局長に運営は任せています。

エントランスにある、会社行事でのフォトフレーム。皆さんいい顔していらっしゃいました!!長南様はサーフィン部に所属しているとのことでした。

エントランスにある、会社行事でのフォトフレーム。皆さんいい顔していらっしゃいました!!
長南様はサーフィン部に所属しているとのことでした。

スタッフ間の仲の良さ、当社の自慢の一つです!!

もっと見る閉じる

現在、当社では様々なプロジェクト活動を行う部が存在し、リスクマネジメント部や保険業務部、学術部、IT部など薬剤師業務の周辺領域について担当してもらっています。自分が興味をもっている分野で、参加してもらっているので、真剣に本音で話し合える部活動でもあるんです。

他、運動系の部活動も盛んで、スキー、ゴルフ、野球、マラソン、テニス部にいたっては学生時代にタイトルを取ったスタッフも所属しているので結構本格的ですし、私もサーフィン部の部長としてスタッフ達とともにオフを楽しんでいます。

この部活動も、色んな店舗のスタッフが所属しておりますので、幅広く交友関係を築けますね。
事業以外にも、こういったプロジェクト活動や、部活動からも良い人間関係を結べているんです。異動があっても、新たな土地の不安があっても、スタッフには不安なくスタートできるという声もいただいています!!

『安心してお仕事に臨んでください』

もっと見る閉じる
産休、育休体制は現在いかがでしょうか?
復職率は90%で、高い割合で戻ってきていただいております。
制度、実績という点では、安心して取得していただけます。
自慢の待遇を教えてください!!
評判のよい制度としては「借上社宅制度」を用意しております。
独身や既婚など、条件によって変わりますが、社員から高評価をいただける制度として、利用いただいています。
例えば、独自の研修とかはありますか?
面白い制度としては、年1回3万円を上限として会社から補助が出る自己研修制度を用意しています。
薬学に関わらず、自分自身が成長でき興味のある研修に自由に参加できます。
キャリアアップのイメージは?
能力と適材適所を考えたスタッフの配置を行っています。

私も中途採用組ですが、入職1年後に管理薬剤師、4年目からはエリアマネージャーとしてお仕事をさせていただきました。元MRや、企業で研究をされていた方など調剤未経験でも積極的に採用しています。面接は自分の良いところをしっかり伝えられる場面です。今まで何をされてきたか、どんな思いを持って業務に取り組んできたか、様々な話をさせていただきます。経験の有無、社会人経験の長さ自体で採用が左右されることはありません。

シップヘルスケアファーマシー東日本として、経験の有無に関わらず、素直な気持ちで業務に取り組み、仕事を楽しみ、そして工夫やアイデア、新しい取組みを考えられる方と一緒にお仕事をしていきたいと考えております。

現場インタビュー

内科、小児科、泌尿器科、産婦人科、歯科の外来受付と、在宅調剤・服薬指導も行っております。

内科、小児科、泌尿器科、産婦人科、歯科の外来受付と、在宅調剤・服薬指導も行っております。

泉中央調剤薬局

もっと見る閉じる

平成11年に開局した調剤薬局。クリニックモールの処方せんを受けていらっしゃいます。
薬剤師さんだけの所属で10名以上の大所帯ですが、薬局長の中里さんをはじめ、スタッフ全員で協力しながら実際の業務をこなし、時には業務改善へのアイデアも出し合って、店舗を運営されていらっしゃいました。

シップヘルスケアファーマシー東日本さんの現場インタビューでは、エリアマネージャー、薬局長、現場薬剤師としてご活躍いただいている中里様に、仙台薬局でのお仕事についてお話いただいております。

会社での足あと。

もっと見る閉じる

新卒の就職活動では、「地場」の会社を探していました。
その頃の希望と言えば、「成長できるところ」「色んなチャレンジができるところ」「在宅をしているところ」と、輪郭のぼんやりとしたものでした。結局2社まで絞込み、シップヘルスケアファーマシー東日本の方が「面白そうな会社」と思い、内定を受けました。

そしてもう一つ。創業者のキャラクターなんです(笑)。
一番語られていたことは「夢を持って歩んでもらいたい」という事でした。薬剤師の仕事は調剤室の中だけじゃない、調剤室の外にも自分を成長させることがあると。結局、技能や知識は身につきますが、薬剤師の職能を高めるには、技能や知識よりも優先しなければいけないことがあるんだと、伝えていただきました。
経営者のそんな想いも、就職のポイントになっていました。

マネージャーと、薬局長と、現場業務

もっと見る閉じる

業務の中で、一番大きな枠としては、エリアマネージャー業務です。各店舗の特長や、スタッフ個々の長所を伸ばせるようマネジメントしております。

一薬局長としては、作業ではなく「仕事」をしてもらえるように声がけをしています。例えば、同僚や患者さまから言葉をもらったとき、その意味を考える。相手が何を伝えたいのか、それを考えられる現場にしたいと思っています。ポイントは、「思い」をこめて働いているか、というところです。そして患者さまやスタッフとの関係づくりは人対人です。そこにはコミュニケーション力が必然となってきます。

相手が伝えたいことを受取り、自分の考えていることが伝えることができるようになります。
一現場で働く薬剤師として、患者さまを優先するのは当たり前のことですが、大切にしていることは「患者さまと仲良くなる」こと。上長にも言われたことなんですが、今でも大切にして業務に当たっています。
薬剤師業務と店舗運営のボトムアップが、私の現在の仕事です。

教える立場としての難しさ。

もっと見る閉じる

今の課題というところでは、スタッフの育成に注目しています。昔で言えば「背中を見せて学んでもらう」、というスタイルでは伝えたいものが伝わりません。
その観点から、在宅薬剤師の育成プログラムを、大学の研究室と共同して作成し、本年度からスタートすることになりました。長年、培ってきた在宅のイロハから、ノウハウ全てを薬剤師の育成を通じて、患者さまに提供させていただける内容になっています。ことの大小に関わらず、こういった取組みを、これからもしていきたいですね。

エリアマネージャーと薬局長を兼任され、さらに現場のお仕事と3つの顔をお持ちでいらっしゃる中里壮志様。長南様のインタビューの中で「中里が担当する店舗は、スタッフが笑顔で働ける」とのお墨付きです。

エリアマネージャーと薬局長を兼任され、さらに現場のお仕事と3つの顔をお持ちでいらっしゃる中里壮志様。
長南様のインタビューの中で「中里が担当する店舗は、スタッフが笑顔で働ける」とのお墨付きです。

色んなカタチのありがとうを現場で体験して下さい!!

もっと見る閉じる

泉中央店の業務は、外来の患者さまと在宅訪問の患者さまを抱えています。例えば外来ですが、軽い症状であれば一回の処方で治療が完了します。以前街中で別のスタッフが患者さまにお会いされた時に、「中里さんにありがとうございました、とお伝えしてください」と言伝をもらったことがあるんです。ちょっと照れくさかったんですが、嬉しい出来事でした。

一方、在宅に関しては、患者さまのありがとうも嬉しいんですが、一緒に仕事をする医療機関や介護職といった他職種からの感謝の言葉や、患者さまのご家族からのありがとうの声をいただくことがあります。
自分がしてきた仕事そのものに対していただけた言葉なので、また違った嬉しさがありました。

医療機関といえども、薬の部分でご存知でない場合は薬剤師がしっかりサポートしなければいけませんし、普段患者さまのお薬の飲み方をご家族にちゃんとヒアリングしているからこそ、錠剤で飲みづらければ、飲みやすく粉砕ができます。コミュニケーションをちゃんと取っているからこそ、感謝をしてもらえる場に立ち会えると思っています。

今現場にいるスタッフにはもちろん、薬剤師の職能を活かした仕事をしてみたいと考えている方にも、感じてほしいと考えています!!
嬉しい経験は、モチベーションにも薬剤師のボトムアップにもつながる出来事なんですよ。

専門性を高め、発信すること!!

個人的に現場の業務は好きなんです。今は店舗のマネジメントをする立場の仕事もしているので、現場にも高い専門性を発揮できる体制を整えていきたいと考えております。
将来的には、例えば教育・研修の仕組みに携われる業務にもチャレンジしてみたいですね。

Message

『たくさんの社内交流が社員の仲の良さの秘訣!! 』

入社してから、実感している社風は「従業員同士の仲の良さ」です。会社の自慢できるところでもあるんです。上司、先輩、後輩、部下であり、共に働く仲間です。
一緒に働く仲間がいるから、苦しい時も乗り越えられると思います。仕事外では、私もサーフィン部とゴルフ部に所属しています。違う店舗や役職の方達と楽しんでいます。オフの時も仲良くできる環境は、長く続けられる秘訣だったりします!!

新卒では学会研修は全額負担で、新卒以外でも研修の補助制度があります。学習に積極的な方には向いていると思います。
そして、自慢は仲の良さ。クラブ活動の他、社内行事も色々あります。ボーリング、バーベキュー、芋煮会、忘年会、スキーなど、たくさんの社員が集まる機会をたくさん設けています。例えば、店舗異動になった際にも、面識のある方が店舗にいると思いますので、人間関係をいちから作るというストレスは無いでしょうね。

人生が楽しめる職場です人生が楽しめる職場です

写真左:
恒例のバーベキューでの1枚。

写真右:
八戸にサーフトリップした思い出の一枚。良い波を皆でキャッチしました!

クラシスからの視点

クラシスからの視点

もっと見る閉じる

長南様とのインタビューの中で、転職回数の多い方との面接の話をさせていただいたのですが、入職してからすぐに退職するのは、どんな職場でももったいないとおっしゃっておられました。
一般企業でも同じですが、長くいるからこそ見える会社の良さや課題、それが自分にマッチしているかどうかは、その時になってみないと分からないものです。

早期で退職をされた薬剤師さんと面接された時のエピソードです。人柄も申し分はない。不安は、長続きしなかった経歴。「3年間は頑張って一緒に仕事をしましょう」と内定を出され、現在は管理薬剤師としてご活躍されていらっしゃるそうです。
薬剤師さん本人も業務の大変さに直面したことがあったそうです。なぜ踏みとどまれたかと考えると、同じ職場で働く仲間に支えられ、時には支えてきた想いがお仕事を継続させる一番の理由になったのだそうです。

シップヘルスケアファーマシー東日本さんの企業力の一端を感じました。短い時間で、良好な人間関係を結ぶことは誰しも大変です。長く事業を営む中、会社が社員に大切にしてもらいたいことをちゃんと伝えているからこそ、自慢できる「仲の良さ、強さ」があると思います。
3年というのは一つの目安です。例えば、回を重ねて患者さまと仲良くなれるのと同じで、働く仲間たちの良さを感じるのに時間を必要とします。会社の良さや課題も時間をかけないと分からないものもたくさんあります。
同じ方を向いて仕事ができる現場は、やはり強い現場です。全員で一つの目的に向かって仕事をすれば、早く、正確に、笑顔を忘れず現場を作っていける。
自然とそのマインドを理解できる現場、それがシップヘルスケアファーマシー東日本さんの大きな特徴の一つだと思います。

取材日:2012年11月

この企業にご興味をお持ちですか?

転職・就職・派遣に関するご質問などございましたら、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

直接企業や医療機関に皆さまの情報が届くものではございません。お問い合わせいただいた内容ついて、クラシスの担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ内容

お問い合わせいただだき、
ありがとうございました。

クラシス株式会社の担当者が、あなたの転職をサポートさせていただきます。
2営業日以内に担当者からご連絡させていただきますので、しばらくお待ちください。

なお、お問い合わせ受付の確認メールを自動送信いたしました。
お手数ですが、以下のタイトルのメールが届いているかご確認ください。

【ヤクジョブ】お問い合わせを受け付けました

10分たってもメールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスが間違っているか、
システムトラブルが発生している可能性がございます。
その際は、大変お手数ではございますが、以下の連絡先にお電話をいただくか、再度お申し込みいただけますよう、お願い申し上げます。

0120-086-366