企業訪問レポート株式会社富士薬品

株式会社富士薬品株式会社富士薬品

製造から販売までの製販一貫体制から生まれた調剤薬局

株式会社富士薬品

株式会社富士薬品

富士山が日本一であるように、会社も日本一へという思いが社名の由来の株式会社富士薬品。

創業は配置薬からのスタート、現在はメーカーでもあり、新薬の研究開発、医薬品製造、医薬品の販売、調剤薬局・ドラッグストアの経営など医薬品複合型の企業として薬局を関東1都6県に380店舗以上を展開。

本社所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-383
業種 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTCのみ)、企業
事業所運営エリア 秋田県、山形県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、富山県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、愛媛県、高知県
Interview
成長を続ける場所で求められる薬剤師とは?現場は?
今回は管理本部 人事システム課 調査役 川原 維就様と、あい薬局 はるひ野駅前店 高橋 祐香様にお話を伺いました。

本社インタビュー

管理本部 人事部採用課 課長 川原 維就 様
管理本部 人事部採用課 課長 川原 維就 様

(2019年11月時点:ドラッグストア事業本部 企画推進部 人事システム課 調査役)

生きる力を患者さまに!

会社としてのスタートは配置薬ですが、現在は医薬品の研究開発・製造の川上から販売・調剤投薬(ドラッグストア、調剤薬局)の川下まで展開しております。他の調剤薬局チェーンさんとは異なる「複合型医薬品企業」と呼べるところが大きな特徴ですね。

そして、調剤・OTCの両方の知識を持ち、在宅にも興味が有り、カウンセリング力を発揮して、患者さま及びお客さまに「生きる力を提供できる」薬剤師の育成に力を入れています。新卒及び中途においても基礎研修のあと、応用研修を受けていただき、更に管理薬剤師研修、薬局長研修、マネージャー研修と段階を踏んでいただきます。研修制度は他にも様々なものがあり、大学と連携した外部研修も行っています。座学だけではなく、ワークショップや実際に動いて学ぶものは社内でも人気の研修制度です。

キャリアアップとしては早い方で30歳前には薬局長となりますね。中途の方についてはこれまでのご経験がありますので、いきなり薬局長は無理ですが半年間ほど見させていただいて、管理職をお願いしています。

待遇面も中途の方でも10年目であれば富士薬品で新卒から10年働いている方と同じ給与支給となりますので、差があるわけではありません。同じ土俵で経験を活かし、活躍してほしいと思います。

今活躍中の薬剤師さん

患者様のためにプラスになることやご自身の目標を明確に持っている方が多いですね。例えば…
・調剤だけ、OTCだけ、ではなくその両方を学びたい
・現状に満足するのではなく、前向きに物事捉え、進める方
・産休・育児休業などの福利厚生がしっかりしているところで長く働きたい
・研修制度の充実
・マネジメントに興味があり、チャンスが公平にある場所で働きたい
やりがいや充実感を感じられる、そんな会社だと思いますよ。

あい薬局 はるひ野駅前店でお話を伺いました

あい薬局 はるひ野駅前店でお話を伺いました

バックボーンがみえてくる

選考は、面接と筆記試験の両方を実施しています。質問に対してきちんと返答できるか、起承転結で話せるか、患者さま対応につながってくる部分ですので会話力を一番ポイントとしてみています。言葉の抑揚もある方は印象も良いですね。

Message

『信用→信頼される薬剤師へ』

中途で入られる方にお願いしたいのは富士薬品にはない仕組みや取り組みを伝えていただき、お互いに良い刺激になるよう、そして富士薬品がより信頼されるように一緒に取り組んでいってほしいと思います。今持っているキャリアを維持ではなく、向上できる環境がきっとあります。固定観念に囚われず、一緒に前を向いて行きましょう!転職もご縁ものだと思います。少しでもご興味がある方は是非ご応募ください。

現場インタビュー

あい薬局 はるひ野駅前店 高橋 祐香 様
あい薬局 はるひ野駅前店 高橋 祐香 様

理想とする薬剤師に

はじめは調剤薬局で働こうと思っていたんですが、調剤だけの薬剤師よりもOTCの知識も持っている薬剤師にならないと、と思っていろいろ調べて行き着いたのが、富士薬品でした。たくさん、インターネットで調べましたよ(笑)。医薬品の製造から販売、調剤、接客、いろいろなことができる複合型であることが、私の理想とする薬剤師になれる環境であると確信し、数社受けていた中から富士薬品に入社することを決めました。他の会社ではやっていないことがたくさんあった点も魅力でしたね。

やりがいのある環境です

今、勤務しているお店では取り扱っている科目も多く、調剤に時間がかかる場合もあるので、お待たせしそうな場合は患者さまにその旨をお伝えして、用事を先に済ませていただいたりしています。薬局内でも、声を掛け合って、業務が滞らないように分担したりして少しでもお待たせする時間を減らすよう常に試行錯誤です。でも第一は安心してお薬を飲んで頂くことなので時間短縮はしつつ、絶対に間違えないよう自分で3回チェックしてから再度、他のスタッフとも3回、過誤がないようにチェックしあってからお薬をお渡ししています。

ドクターからの処方でまれに無いお薬が出る場合があるんですが、すぐに取り寄せが難しい時はドクターに代替のお薬の提案などもしています。患者さまが少しでも早く楽になるような取り組みもどんどん行っていきたいですね。

1日の流れ

【早番の日】
8:30 出勤 開店準備をして前日のチェックなど
9:00 調剤スタート。午前・午後と半日交代で調剤・投薬を行います。
10:00 午前中の混む時間帯に。声を掛け合ってスピーディに!!
13:00 空いてくる時間帯にお昼をとります。
15:00〜18:00 午後の混む時間は日によって異なります。

遅番の方がいるので、早番の日は残業もあまりありません。メリハリが付けやすい環境です。
お休みの日には某テーマパークが大好きなので行ける時は頻繁に行っています!本当は毎日行きたいくらいなんですけど(笑)。連休や長期休暇も取れるので、テーマパークを満喫しています。

頼られる存在に

今現在3年目ですが、学ぶことが多いです。患者さまに聞かれる事で多いのが飲み合わせや健康相談など、調剤業務以外の部分ですね。ゆくゆくは併設店で処方箋がなくても寄ってもらえる、名前で呼んでもらえる、そんな頼られる存在になりたいので日々、勉強しています。直近の目標としてはまず、認定薬剤師を取得したいので、会社のe-ラーニングを毎月利用しています。好きなテーマを選べるので自分が興味のあることを学べ、楽しいですね。

それに富山県に自社の工場があって入社すると研修の一貫で工場見学があります。普通の調剤薬局だったら、まずない体験ですよね。製造現場を見ているからこそ、自社製品についても自信・安心をもって患者さまにオススメできます。それに、その製品について勉強もしようって気にもなります。薬剤師としての熱が入ってしまいますね。周りもそんな方が多いんじゃないでしょうか。

一歩一歩成長していきます!

一歩一歩成長していきます!

Message

『自分にあった職場を!』

薬剤師の知識は働く間中、ずっと更新されていくものだと思うんです。富士薬品の良いところは入社してからも何度も研修があるので常に新しい知識を正しく理解できる点ですね。
それに、調剤だけ、OTCだけと偏らない薬剤師でいられる環境があります。他の業種の人も一緒に社員旅行に行くので、お話すると自分の世界が広がるというか、新しい発見ができるもの、ならではだと思っています。こういったコミュニケーションの場所がお互いに刺激になりますよね。

私は周りの人から、合った職場を見つけたねってよく言われるんです。言葉だけでは伝わらない部分はたくさんあると思います。実際に見学して雰囲気をみて、ご自身に合ったお仕事先を選んでください!富士薬品が候補のひとつになれば、もっと嬉しいです!

クラシスからの視点

クラシスからの視点

今回伺った「あい薬局 はるひ野駅前店」は名前のとおり、駅前に位置し6つのクリニックが立地する場所に一緒にある調剤専門店でした。窓が大きく明るい店舗での取材で、働く皆さんも元気な方が多いという印象がありました。

小児科も受けているので、写真では見づらいと思いますがお子さん向けの場所もあり、お薬を待って頂くスペースや自社製品、その他OTC薬についても明るいポップで分かりやすく配置しており、待っている間、ちょっと見てみようとつい思ってしまう、そんな空間でした。常に患者さまのために、ということが実践されている場所をご希望の方は一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

取材日:2013年2月19日

この企業にご興味をお持ちですか?

転職・就職・派遣に関するご質問などございましたら、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

直接企業や医療機関に皆さまの情報が届くものではございません。お問い合わせいただいた内容ついて、クラシスの担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ内容