未来の職場訪問 企業レポート未来の職場訪問 企業レポート

株式会社トレジャー

地域の患者さまのための薬局と医療サービスの提供の実践を徹底的に行います!!

本社所在地 東京都中央区日本橋本町1-1-8 KDX新日本橋ビル
業種 調剤  
事業所運営
エリア
埼玉県   東京都   神奈川県  

「たからもの」という社名を冠する、株式会社トレジャー。埼玉から発祥したこちらの企業は、現在東京都中央区にあります。薬局事業の他に、医薬品・医療機器の製造販売も手がけ、医療サービスを総合的に手がけております。また、薬剤師の独立支援にも力を入れておいでです。
「ヒト」を宝物と考え、社員ひとり一人に接する全ての人を尊重し、人とのつながりを大切にしたいという想いから、社名が名づけられたそうです。薬局だけではなく、医療サービスを手がける目的も、宝物という理念の実現でもあります。
多角的な事業を行う調剤薬局運営企業の魅力とは?
本社からは業務推進課長:三澤様、現場からは、たから薬局北与野店の薬局長:鈴木様にインタビューをさせていただきました。

本社インタビュー

現在、独立支援プログラム店舗を3店舗運営中。
のれんわけではなく、完全独立が目指せる、トレジャー独自のプログラムです。

医療モールの業務支援

現在、独立支援プログラム店舗を3店舗運営中。
のれんわけではなく、完全独立が目指せる、トレジャー独自のプログラムです。

トレジャーの特徴の一つとして、医療機関や医療サービス業の経営コンサルタント事業を行っているところです。クリニックモールの業務支援もその一環で、医療連携を強化した医療圏を生み出して、患者さまには大きな利便性を提供していきたいと考えております。
薬局自体、目指すべきところは「その医療圏で、一番最初に処方せんを持ってきてもらえる」というところにあります。ただし、立地や利便性はハード面ですが、薬剤師自身が地域と向き合わなければなりません。トレジャーは、「ヒト」を宝物として考えています。患者さまを大切にできる現場で活躍いただき、ハード面・ソフト面共に「地域の一番」を目指したいと考えております。

現場裁量主義

患者さまのニーズをいかに反映させるかを考えれば、現場スタッフが考える店舗づくりに重点を置かないと後手に回ってしまいます。費用がかかるものに関しては稟議になりますが、まずはやってみて効果をみるという方法をとっています。
例えば、水槽を配置している薬局があります。患者さまが退屈しないためのひと工夫なんですが、費用対効果に関しては中長期的に考えています。業務面だけではなく、患者さま目線でとらえ、柔軟なアイデアをどんどん出していってもらいたいですね。

独立支援プログラム

タブレットピッカー(ピッキングマシン)

薬剤師として活躍する一方で、自らが薬局を立ち上げて、自らが考える医療サービスを実現されたい方もたくさんいらっしゃると思います。トレジャーでは、独立支援をプログラムとして組み込んでおり、入社当初から目標に向かってサポートさせていただいております。実績もあるので安心してスタートできるのではないのでしょうか。
まずは、独立支援プログラム店舗から業務をスタート。トレジャーが独自で行っている店舗で、間違いのない運営を行えるようサポートします。経営のノウハウや医療機関との連携など、薬局運営に欠かせないノウハウを覚えていただきながら、5年後を目安に完全独立ができます。単独で店舗を立ち上げるとなると、かなりの費用がかかりますが、トレジャーが資金の多くを支援させていただきます。

タブレットピッカー(ピッキングマシン)

着実・堅実な在宅業務

在宅分野も時間をかけて徐々に拠点を増やしております。医療連携や急配対応など課題もありますが、大きな特徴としては着実と堅実な運営を行っているところです。形態や患者さまの状態によって、ノウハウは違ったものになります。実務とノウハウ作りの平衡を取れる運営をしておりますので、無理な拡大は考えておりません。実務面は予想以上に大変なことも多いですが、薬剤師としての職能もより発揮しやすい現場だと考えております。
外来以上に一人の患者さまに深いコミュニケーションと信頼感が必要になりますし、医療連携を取れていないと在宅は上手くいきません。日々考えることがあり、工夫をしていかないといけません。服薬カレンダーを作り、患者さまが間違いなくお薬を飲めるような工夫に喜んでいただいております。
ニーズもダイレクトに薬剤師に伝わってくる現場なのです。ご興味ある方は、在宅分野を学んでいただくことも可能です。

アクアロボ(水剤機)

自社開発の機材が現場をサポート!!

アクアロボ(水剤機)

患者さまとの対話の大切さを当社では考えておりますので、業務の効率化には力を入れております。アクアロボというトレジャーオリジナルの水剤機を設置しています。メーカーだと故障やトラブルが起こった際、対応に時間がかかってしまうことがあるんです。機械の効率化だけではなく、自社開発して付帯する非効率なことも出来るだけ排除し、薬剤師には業務に集中してもらいたいと考えております。
今後、バーコードを使った監査システムを全店舗に導入予定です。こちらも自社で開発したものを導入します。
現場からの細かい改善要望に応えられるよう、製品開発にも力を入れていきたいですね。

活躍しているスタッフの共通項

プロ意識の高さを持っているスタッフは、活躍しやすい職場だと思います。自分の技能や知識の習得という自己研鑽だけに目を向けず、常にチームプレーとは何かを考えております。
薬局だけではなく、医療の現場はチームプレーが必要不可欠です。患者さまにも目を向け、医療機関とも確実な連絡を取りながら、薬剤師という職能を提供することを心がけていれば、自ずと活躍できると思います。
あと、やるとなれば実行力を発揮できる方。成功するかどうかは、やってみないと分かりませんが、率先して行動に移れる方には当社で頑張っていただけると思います。

やる気、現場主義、事業の広さ、はトレジャーの良さです

事業の広さが、たくさんのキャリアパスの可能性を広げています。まずは薬局内から調剤業務のマネジメントに携われる他、薬事方面を選択した薬剤師もいます。海外から製品を輸入するので、高度なコミュニケーションは要求されますが、その分やりがいは十分に感じられるでしょう。医療にまつわるビジネス全般を行っておりますので、将来コンサルをされたい方にも、その道に進んでいただく可能性も大いにあります。
そして、さきほどもお話させていただいた現場主義です。薬局長の裁量はかなり大きいので、1店舗の薬局を経営しているのと変わりません。理由がしっかりしていて、可能性を感じられるアイデアに関しては、費用面さえクリアできれば会社全体でフォローしながら進めていきます。私が所属している「業務推進課」も全力でバックアップします。
この当社の良さは、みなさんの「やる気」から生まれるものです。日々の業務、その中から出てくる課題、将来のビジョン、それらに向き合ってお仕事をしていただければ、トレジャーにはしっかりバックアップできる体制が整っています。

現場インタビュー

たから薬局北与野店
小児科、眼科のクリニックモール応需型店舗。自社開発のピッキングマシーン、水剤機が導入されております。(企業インタビューに写真掲載)

事業が会社を選ぶきっかけに

たから薬局北与野店
小児科、眼科のクリニックモール応需型店舗。自社開発のピッキングマシーン、水剤機が導入されております。(企業インタビューに写真掲載)

元々、独立に興味を持っていたんです。転職のきっかけもそこだったんですが、いざ探すとなると独立支援も様々でした。紹介会社経由、もちろん自らも探していました。その中で、独立支援のプログラムがここまでしっかりしているのか、と思ったのがトレジャーだったんです。
新卒で入職した職場は、漢方専門の薬局でした。カウンセリングがメインで、患者さまとの会話の中から、症状に見合った薬を探す仕事は大変勉強になりました。対話というところではまさにその通りで、患者さまが悩んでいること、望んでいる状態にすること、深く深く話を聞かない限り実現させることができません。今でも仕事の上で、漢方での経験は財産になっています。

職場の意見が通りやすい風土

トレジャーの第一印象は、「若い会社」。医薬分業がある程度進んでからできた職場なので、現場づくりというフォーカスの当て方を社風としてもっています。そのせいか、大手とは違う「意見の通りやすさ」を実感しました。
各職場で色んな取組みをしていますが、私が提案させていただいた中では、服薬指導に対する初回アンケートです。初回で来ていただいた患者さまに対し、薬で飲みにくかったものはなかったか、今までなにか問題はなかったかをアンケートを通じてヒアリングさせていただいた上で、接遇させていただいております。

何となく「ご近所づきあい」という感じなんです

漢方専門店でのカウンセリングスタイルの影響でもあるんですが、接遇には力を入れております。中でも、話しやすい環境づくりが大切だと感じていて、内容の大小関係なくまずは相手の話を聞くことがその第一歩だと考えています。
北与野店はクリニックモール型なので、近隣の患者さまの身近な存在です。薬局も身近な存在になれれば、ちょっとした相談でも持ち寄せていただけるようになると思います。ご近所づきあい、という感じでしょうか(笑)。
電話での問い合わせ、また時間があれば直接店舗に訪ねてくれる患者さまもいらっしゃるので、一歩ずつ歩み寄れるようにしていきたいですね。

店舗作りを皆で行う楽しさ

たから薬局北与野店 薬局長:鈴木様

もともと私自身、店舗づくりが大好きなんです。患者さま、地域にあった店舗は「いきなり正解」ということはなく、色んなアイデアや意見を試行錯誤して出来上がっていきます。ただ、自分だけの意見だけでは偏るので、同じく店舗で業務に従事しているみなさんの意見も聞いて回ります。ものすごく勉強になります。
メンバーに恵まれているとも言えるかも知れませんが、店舗のみなさんは積極的に意見を出してくれるんです。パートさんが多くご活躍されている反面、ミーティングを行うのが難しい環境です。だから、一人ひとりに聞いて回るのですが、質問へちゃんと返答してくれます。みなさんが店舗づくりに参加するという気持ちを持っていただいているんだと実感できます。
色んな意見やアイデアが出れば出るほど、店舗づくりの可能性は広がっていきます。

たから薬局北与野店 薬局長:鈴木様

いいとこどりが出来る環境だと思います

転職は人それぞれ希望は違いますから、色んな会社の持つ魅力をそれぞれ選抜してお決めになると思います。
私が希望していたように独立を考えている方、機材を自社開発していますので新しいものやミスなく慎重な業務に取り組んでみたい方、現場づくりに力を発揮したい方、トレジャーという職場には会社がサポートしてくれる魅力がたくさん備わっています。
今後、医療モール型にも力を入れていくので、1店舗でもたくさんの処方せんに携われる環境が増えていくでしょう。薬剤師として、この環境は大変刺激になると思います。

クラシスからの視点


経営陣が作り出す多様性に富んだ企業のカラー

独立支援プログラム、現場裁量主義、機材の自社開発、クリニックモール、現場の意思尊重と、インタビューだけでもたくさんの魅力と可能性をお持ちの会社だと感じていただけると思います。他、製造販売許可を取得しているので薬事方面の業務や、機材開発のためのパテント(特許)方面の業務など、薬剤師としての資格を活かすキャリアパス、新しい分野に挑戦できることも可能だと三澤様よりいただきました。現にクラシスでも、薬事方面の求人をいただいたこともあります。
会社設立当初、色んな分野のエキスパートが手を取り合ってトレジャーという会社をスタートさせたそうです。医療分野の中でどのように事業を進めていくかを、常識に捉われない斬新なアイデアを事業内容にそのまま組み入れたと実感できます。機材の開発事業ひとつとっても、トラブルが起きた際にいちいち業者に依頼をかけていれば不便、現場の要望を取り入れてカスタマイズをすぐに実現するには、といった視点が事業を行う切り口にもなっているのだそうです。
企業レポートで挙げているトレジャーの魅力とは、奇をてらったものではありません。本来あるべき医療関連事業を行うため、必要なもの、良いものは旧弊に捉われることなく何でも実現するという、実直かつ素直なロジックです。患者さまにトレジャー(たから薬局)を選んでいただくためには、現場で何をするべきか、現場がするべきことをサポートするにはどんな事業をしなければいけないのだろうか。行っている事業のゴールには、トレジャーが提供できる価値が見える気がします。
理に適う事業を行うからこそ、理に適った業務が現場で実現できる。トレジャーがもつ多様性は、実に理に適っていると感じざるを得ません。

この企業にご興味をお持ちですか?

転職に関するご質問などお気軽にお寄せください。直接企業や医療機関に皆さまの情報が届くものではございません。お問い合わせいただいた内容ついて、クラシスの担当者よりご連絡させていただきます。

お名前必須
電話番号必須

※連絡のつきやすい電話番号をご記入ください。

メールアドレス必須

※PCメールでも携帯メールでもOK

お問い合わせ
内容任意
個人情報の
取り扱い
について必須

<個人情報の取り扱いについて>

当サイトではセキュリティ確保のため、メールアドレスなどの重要な情報の入力時には、これらの情報が傍受、妨害または改ざんされることを防ぐ目的で SSL(Secure Sockets Layer)技術を使用しています。また当サイトでは「ファイアーウォール」と呼ばれる仕組みを使用し、外部からの不正アクセスを未然に防止し、お客様の情報が外部に漏れないように厳重に管理しています。
当社にご提供いただきましたお客様の個人情報は、弊社個人情報保護方針に則り適切な管理・保護に努めます。

1. 個人情報の利用目的
皆様からお預かりした個人情報は、以下の目的のため利用します。ご提供いただいた個人情報は、ご本人の同意を得ず、以下の目的以外に利用することはありません。
・有料職業紹介または人材派遣等におけるお仕事に関する情報の提供やそれらに関するご連絡
・当社へ寄せられたお問合せ、ご相談等への適切な対応
・派遣先企業との契約締結に関する業務
・派遣就業時の労務管理(給与計算、福利厚生等)
・当社が提供するサービス(各種キャンペーン、セミナー、イベント等)についてのご連絡
・メールマガジン購読に登録された方への配信業務
・インタビューページ及び当社PRページヘの掲載
・当社が行う調査・アンケートなどに関するご連絡
・キャンペーン・アンケート等の景品や謝礼の送付
・求人に応募された方の採否の検討・決定、及びご連絡
・役員、従業員の人事管理、労務管理(給与計算、福利厚生等)

2. 機微情報の取扱いについて
当社は、次に定める機微情報を取得し、利用及び第三者へ提供することがあります。取得の際には、明示的な同意を得るものとします。
・健康診断結果等、法令に定められる健康管理業務に必要な情報
・給与計算及び社会保険関連業務等の労務管理業務に必要な情報
・派遣先及び紹介先の適切なご提案に必要な保険医療情報
上記のほか、お客様自らが当社に対して機微情報を提供した場合は、当社が当該機微情報を取得すること、及び当社がお客様に対する適切な情報提供のために必要な範囲内において当該機微情報を第三者へ提供することにつき、お客様からの同意があったものとみなします。

3. 個人情報の第三者への提供について
皆様からお預かりした個人情報は、ご本人に事前に明示又は通知し、同意が得られた場合に限り利用目的達成のため、氏名・住所・電話番号・経験スキル等の所要項目につきまして、第三者に提供いたします。ただし、ご本人からのお申し出により第三者への提供は停止させていただきます。個人情報を提供する第三者は、以下の通りとなります。また、個人情報の提供は、電子ファイル・書面による受け渡しにてなされます。
・お仕事の紹介先
・福利厚生提携施設

4. 個人情報のご提供について
個人情報は皆様の任意によりご提供いただきますが、個人情報のご提出をいただけなかった場合に一部当社の提供するサービスが受けられない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

5. 個人情報の開示
当社は、当社が保有する個人情報に対し、ご本人より開示・訂正・削除のお申し出があった場合、合理的な範囲ですみやかにこれに応じます。
ただし、次のa)b)c)のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示・訂正・削除しないことがあります。
a)本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
b)当社業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
c)法令に違反することとなる場合
開示等のご希望をされる方は、下記のとおり当社所定の手順にてお手続きをお願いいたします。

開示等の受付方法

開示等のお申込は、以下の方法にて受け付けております。
【A.受付手続き】
■ 開示
「利用目的の通知・開示請求書」に必要事項を記入の上、弊社ご相談窓口に直接ご提出いただくか、下記の宛先まで郵便にてご提出ください。
請求書は下記窓口まで、お電話かメールにてご請求ください。
原則としてご本人のお申込みのみをお受けいたしますが、諸事情によりやむを得ない場合は、ご来社いただける場合のみ代理人によるお申込みをお受けいたします。
詳細については、「ご相談窓口」までお問合せください。
■ 訂正
「訂正等請求書」に必要事項を記入の上、弊社ご相談窓口に直接ご提出いただくか、下記の宛先まで郵便にてご提出ください。
請求書は下記窓口まで、お電話かメールにてご請求ください。
原則としてご本人のお申込みのみをお受けいたしますが、諸事情によりやむを得ない場合は、ご来社いただける場合のみ代理人によるお申込みをお受けいたします。
詳細については、「ご相談窓口」までお問合せください。
■ 利用停止・削除
電話又はメールにて直接担当コーディネーターへ、又は仲介業者からメールにて受付します。
お申込みはご本人、又は仲介業者からのみお受けします。
詳細については、「ご相談窓口」までお問合せください。
【B.ご本人の確認】
■ 開示・訂正
本人であることを以下のいずれかの書類にて確認いたしますので、ご持参いただくか、郵送の場合は写しの同封をお願いいたします。
※本籍地の表示がある場合は、マジック等で塗りつぶし、見えない状態でご提出をお願いします。
・運転免許証の写し、パスポートの写し、健康保険証の写し、住民票の原本等ご本人の確認ができる公的書類(本籍地・続柄の記載のないもの)
※郵送により受けました本人確認用書類は、開示請求の記録として、当社にて厳重に管理いたします。
■ 利用停止・削除
電話にて受付した場合は、管理画面を参照し、「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」のいずれか2項目を確認して、本人であることを確認します。
メールにて受付した場合は、折り返しお電話にてご本人の確認をします。
なんらかの理由によりご本人の確認が取れなかった場合は、利用停止・削除を行わない場合があります。
【C.代理人の確認】
■ 開示・訂正
代理人によるお申込みの場合は、次の方法により確認をさせていただきます。
本人又は未成年者又は成年被後見人の法的代理人の場合
・法定代理人本人であることを確認する書類(運転免許証・パスポート・健康保険証等の写し、その他本人確認できる公的書類のうち1点)
・法定代理権があることを確認する書類(健康保険証の写し、戸籍抄(謄)本、登記事項証明書のうち1点)
本人が委任した代理人の場合
・委任状
・本人の印鑑証明書
■ 利用停止・削除
利用停止・削除の受付に関しましては、代理人からの受付は致しかねますのでご了承願います。
【D.開示方法】
■ 開示
原則として書面の交付より回答いたします。
■ 訂正・利用停止・削除
電話もしくはメールにて回答いたします。

6. 業務委託について
当社は、よりよいサービスの提供と円滑な業務遂行の為、一部業務を外部に委託しており、その際、個人情報を委託業務の範囲内で委託先に預託することがあります。この委託先の選定に際しては、委託先においても個人データの管理、秘密保持、再委託の制限、お客様の個人情報の漏洩防止等に関して、適切な取り扱いがなされているかどうかについて基準を定めて慎重に評価しており、その評価に基づいて選定し、管理を行っています。
現在、当社が委託している業務は以下のとおりです。
・システムの開発業務
・配送業務
・教育研修業務
・福利厚生業務
・書類保管業務
・廃棄物処理業務


<当社への個人情報に関するお問合せ窓ロ>

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル1階
クラシス株式会社 ご相談窓口
【フリーダイヤル】0120-173-606 【FAX】03-5217-3603 【E-mail】privacy@krasys.jp


<プライバシーマーク>

当社は、個人情報の適正な取り扱いと保護の信頼性向上のため、個人情報保護法第37条に規定の「認定個人情報保護団体」として経済産業大臣および総務大臣より認定された財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の対象事業者として登録しております。
当社では個人情報に関するお問合せ窓口を設置し、皆様からのお問合せや苦情等をお受けしておりますが、当社の対応に対して疑問やご不満等があり、解決を必要とされる場合、あるいは当社の取り扱いかどうか不明な場合は、下記まで直接お申し出ください。
【お問合せ先】
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室
【住所】〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル内
【電話】03-5860-7565 【フリーダイヤル】0120-700-779



制定日 2004年 12月 1日
改定日 2018年 11月 20日
クラシス株式会社
個人情報保護管理者 梅澤晶代

掲載企業リスト50音順

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

ワ行

本社所在地

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 山梨
  • 長野
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知

関西エリア

中国エリア

  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口

四国エリア

  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知

九州・沖縄エリア

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

事業所所在地

業種別