未来の職場訪問 企業レポート未来の職場訪問 企業レポート

ライフグループ

「患者さまと医療機関の橋渡し」、患者さまが笑顔になれる薬局を目指します!!

本社所在地 埼玉県さいたま市浦和区東仲町30-20
業種 調剤  
事業所運営
エリア
茨城県   埼玉県   千葉県   東京都   神奈川県  

ライフグループは医薬分業がまだ進んでいなかった昭和60年に会社が設立されました。設立当初から「薬局機能をしっかり提供する」ことを実践されて来られたそうです。
患者さまと対面するだけではなく、地域とも向き合い、医療機関にも向き合うことを大切に業務にあたられています。たくさんの方と向き合い、またたくさんの課題を解決され、さらなる課題やニーズに取り組まれています。
働きやすい環境づくりが、薬局機能を向上させ、余すところなく提供させる…ライフグループの魅力にせまります!!

人事インタビュー

人事部:小田切様
医療連携に欠かせないコミュニケーション。
「聞き上手になれることが大切」とインタビューでも話されていました。

患者さま目線になれる機能を考える

人事部:小田切様
医療連携に欠かせないコミュニケーション。
「聞き上手になれることが大切」とインタビューでも話されていました。

会社が設立されたのは、医薬分業がまだまだ浸透していない時期で、調剤薬局をご覧になられても「診療所の薬局が外に出たんだ」と思っていらっしゃった患者さまも多くおられました。その頃の薬局運営も複雑なところが多く、特に医療機関との連携もドクターメインで行う医療が多かったです。
単に言われた通りにするだけで、患者さまの安心や安全を守って差し上げられないですし、薬局の機能を活かすと考えれば、コミュニケーションは少なかったり、一方的に受けていたケースが多く、なかなかままなりませんでした。
患者さまの目線になれるというのは、薬剤師の意識やスキルだけじゃ解決できないことが多いです。そこには、患者さまとのコミュニケーションも重要ですし、医療機関とのコミュニケーションを取れていないと、患者さまの状態を把握したお仕事ができないんです。ライフグループではそういったギャップが起きないように、患者さまはもちろん、医療機関や店舗内や会社間でのコミュニケーションを大切にできる企業であることが特徴だと思います。

マンツー型の研修制度

当社ではベテランの薬剤師でも、入社してから1ヶ月は先輩とのマンツーマンで研修を行っています。以前の勤め先と、業務の進め方は違うと思うので、混乱しないように「ライフグループの業務」を覚えていただきます。
新人の方には、それこそ教育というサポートもさせていただきます。マンツーマンの利点は、本人と指導者のギャップが分かることです。本人が出来てると思っていることでも、指導者から見ると少し業務に不安が残ることもあります。そのギャップを埋めるために、マンツーマンは非常に効果的です。業務の習熟度への認識は共有しておりますので、日々、薬剤師が着実にスキルアップできます。
カリキュラムに沿った内容ですので、安心して受けてもらえる研修制度だと思いますよ。

「聞き上手な薬剤師」が患者さまを笑顔にします

患者さまが、この薬局に来て良かったと思っていただけるのが、薬局にとって一番嬉しいことだと思います。例えば、患者さまが悩んでいらっしゃる体調のことや、お薬のことでアドバイスができる機会はたくさんあると思いますが、言葉をお伝えするためには「聞く力」が必要になってきます。何を言おうとしているのかは患者さまごとに違いますから、難しいところでもあるんです。
自分の言葉を伝えるのが苦手な薬剤師さんがいらっしゃいますが、それでも良いと思います。私がよく口にするのは、聞き上手になって下さいということ。患者さまがおっしゃりたいことを聞いて理解してさしあげないと、いくら話し上手でも正確な応えが出来ないんです。上手く伝えることも大切ですが、患者さまが言わんとすることを、聞き取れる薬剤師にもなっていただきたいですね。

他店舗の取組み、新人さん紹介や同僚の結婚という出来事も掲載されています。

月に1回の刊行物「ポケットライフ」

他店舗の取組み、新人さん紹介や同僚の結婚という出来事も掲載されています。

給与支給日は、皆さんが楽しみにされていますが、同じタイミングで、社内報を各店舗に配布しています。新人紹介から、各店舗の取組みなど、会社にまつわる出来事を社員全員で共有することができます。多くのスタッフも、休憩の時に息抜きがてら目にしてもらっていて、非常に好評です。
会社も規模が大きくなれば、他の店舗の情報を耳にするのが難しくなってきます。かといって、メールでの配信だったら目を通してもらえないことも考えられるので、紙出しして各店舗に届けているんです。
店舗間の情報共有は非常に重要で、例えばとある店舗で業務改善の話が出てきた際に、そこの店舗だけじゃなくて全店舗のスタッフで考えられますし、やってみたら結構効果があったりもします。また店舗の取組みが刺激になって、他の店舗でも応用できたり、もしかしたら新しいアイデアにつながるかも知れません。たくさんのノウハウを共有できる事は、店舗展開している薬局の強みだと思います。

患者さまと共に歩む薬局

地域に根ざした薬局を目指した展開をしています。患者さまに薬局を知っていただき、たくさんの悩みと向き合い、地域に薬局機能を余すところなく提供することが、その本分だと考えています。いつも地域の患者さまと共に歩んで、薬局は安定した運営が可能になる。薬局を必要としてくれる方はいらっしゃるわけで、ではどのように、薬局の何を必要としているのかを、考えて行動しなければなりません。
日々、楽しいことばかりじゃないと思います。乗り越えるべき課題も抱えながら仕事に向き合うことも一度や二度じゃないかも知れません。そんな時でも、自分自身が納得できる仕事をしていただきたいと思います。また自分を知り、それだけではなく相手の意見にも耳を傾けること。
聴こうと思う気持ち、理解しようとする気持ちがあれば、患者さまと共に歩んでいけると思います。そんな仕事をしてみたいと感じていらっしゃる方にお会いしたいと、ライフグループでは考えております。

現場インタビュー

調剤薬局が医療機関の最後の出口

患者さまがお帰りになられる時に、どんなお顔をされているのかはとても大切なことだと考えています。
まず、ライフグループの現場では困っていらっしゃることにしっかりフォローできる薬局を目指して現場が一丸となって頑張っています。
もうひとつは、医療機関との連携がしっかり取れているのが特徴です。綾瀬店はクリニックモール型の形態なのですが、患者さまの状態やお薬の件等、相談をさせて頂いたり、時には先生に面会をさせて頂き、コミュニケーションを取らせて頂いています。
店舗自体のお仕事は「楽しく仕事しよう」とメンバーには伝えています(笑)、が それ以上にメンバーが真面目に取り組んでくれています。
薬局を引っ張っていく立場なので、厳しいことも現場に伝えますが、お互いが尊重しあって連携が取れることが一番重要だとおもっています。

調剤歴15年間は、ライフグループでの15年間

ライフ薬局綾瀬店 薬局長 吉岡様

新卒で一番最初に経験したのはMRでした。MRの頃、色んな薬局を回らせていただき、たくさんのエピソードを耳にしてきましたが、自分が持ってきた薬がどのように届けられているのかがMRという立場からすると物凄く気になるんです。薬局に薬を届けるより先は未知の領域でした。
調剤に転向しようと考えたきっかけは、地域医療への貢献です。患者さまと対面する仕事を通して、そこを実現したいと考えた末、転職することに決めました。全く業種は違いましたが、MR時代には普段訪問させていただいていので、業務内容などに違和感はまったくありませんでした。
転職活動を始めて1社目に面接したのが、実はライフグループ。私は、1社目で就業先を決めたんです。焦ることはないし、じっくり探そうとも思っていたんですが、ライフグループがたまたま1社目に面接した会社だっただけのことなんです。迷わずに内定を受けられました。
最初の配属は、新規オープンの店舗。未経験だったんですが配属していただき、「みんなで店舗を作る面白さ」を実践できたと思います。実務に関しては、まずは同年代の薬剤師に追いつこうと猛勉強をしましたし、数多くの処方せんに携わるよう心がけていました。

ライフ薬局綾瀬店 薬局長 吉岡様

会社から、嬉しいサポート

待遇面でも嬉しいことがあります。
福利厚生が充実していて、生活・レジャー・旅行等の特典を社員・パートともに受けることができます。
ライフグループは社員・パートの区別なく、同じように大切に思ってくれるのです。
現場が頑張っているからと毎年ホテルで忘年会を開催してくれています。
昨年は、テーマパークでのパーティーでした。家族同伴で参加もさせてもらった社員もいたほど、社員だけではなく家族も大切にしてもらっているんだなと実感しました。
やっぱりこういうあたたかい気遣いって、素直に嬉しいですね。

現場から見るライフグループ像は?

店舗づくりは現場の最前線に立つスタッフじゃないとできない事です。いつも患者さまに接し、医療機関と連携をとっているので、ニーズや課題を熟知しているのも現場なんです。そこを当たり前のように任せてもらえる環境は、お仕事もしやすいですし、やりがいも感じます。
もうひとつは、会社全体で患者さまひとり一人を大切に対応するという仕事を行えることです。地域の患者さまと一緒に歩んで行くということは、患者さまひとり一人のニーズや悩みに向き合う仕事をする、ということだと思います。薬剤師としての職能や、薬局という機能を提供できる環境を、会社全体で作っているイメージですね。

あなたに相談して良かった

調剤を始めて嬉しいと感じたことの一つですが、相手に応えていただいたことがいつでも印象に残ります。患者さまが悩んでいることは、ちゃんとコミュニケーションをしないと分からないことです。悩んでいる事を把握して、私がさせていただいたアドバイスが患者さまのお役に立てた時は、管理薬剤師の立場となった今でも嬉しいですね。
ドクターからの薬に対しての相談もよく受けるんですが、特に処方相談できちんと対応できた時は、患者さまにつながっていると実感できますので、嬉しいとともにやりがいもあります。
普段とは違う疾患で、離れたクリニックで受け取った処方せんを持ってきてもらえるようになったり、濃やかなコミュニケーションは薬剤師としてのやりがいに繋がるんだと、いつも感じています。

薬剤師は、常に学ぶべきことと、学べる環境がある資格職だと思います。そこは経験の長さに関わることなく、みんなで一緒に学んでいかないといけないと思います。

違う症状で少し離れたクリニックでもらった処方せんを持ってきてくれる患者さまもいらっしゃいます。かかりつけ薬局としても、地域の患者さまにご支持いただけているそうです。

クラシスからの視点

医療機関との連携が地域と共に歩む秘訣

薬局運営に欠かせない視点に、「地域密着型」と「かかりつけ薬局」というキーワードがよく出てきます。ライフグループへのインタビューでは、キーワードの実現のために「医療連携」に注目されている一面がありました。
例えば、患者、医療機関、薬局という三側面で医療を考えてみると、どの側面でもお互い双方向のコミュニケーションが取れていないと、ギャップが出てきます。薬局で考えると、患者さまの悩んでいることや望んでいることが分からない、ドクターの治療方針や処方意図が分からない、ギャップが一つだけあっても薬局という機能を提供したいという目的までには到達できません。
相手の考え方や状態を把握するために、コミュニケーションをしなくてはならない。把握するためには、話をしっかり聞く姿勢が必要なのです。ライフグループとして大切にしてもらいたいのは、患者さまが話せる環境を作り出せる力(いわゆる聞き上手)だと感じました。
医療モールだから患者さまが訪れるのではなく、患者さまを一番よく知っている薬局だからこそ、患者さまがライフ薬局を選んでいらっしゃるというところへ繋がります。そこには必ず、ギャップのない医療連携が不可欠になるのはないでしょうか。
今後も、薬局運営をされる企業として地域と共に歩むために、医療連携を大事にしていかれることでしょう。

この企業にご興味をお持ちですか?

転職に関するご質問などお気軽にお寄せください。直接企業や医療機関に皆さまの情報が届くものではございません。お問い合わせいただいた内容ついて、クラシスの担当者よりご連絡させていただきます。

お名前必須
電話番号必須

※連絡のつきやすい電話番号をご記入ください。

メールアドレス必須

※PCメールでも携帯メールでもOK

お問い合わせ
内容任意
個人情報の
取り扱い
について必須

<個人情報の取り扱いについて>

当サイトではセキュリティ確保のため、メールアドレスなどの重要な情報の入力時には、これらの情報が傍受、妨害または改ざんされることを防ぐ目的で SSL(Secure Sockets Layer)技術を使用しています。また当サイトでは「ファイアーウォール」と呼ばれる仕組みを使用し、外部からの不正アクセスを未然に防止し、お客様の情報が外部に漏れないように厳重に管理しています。
当社にご提供いただきましたお客様の個人情報は、弊社個人情報保護方針に則り適切な管理・保護に努めます。

1. 個人情報の利用目的
皆様からお預かりした個人情報は、以下の目的のため利用します。ご提供いただいた個人情報は、ご本人の同意を得ず、以下の目的以外に利用することはありません。
・有料職業紹介または人材派遣等におけるお仕事に関する情報の提供やそれらに関するご連絡
・当社へ寄せられたお問合せ、ご相談等への適切な対応
・派遣先企業との契約締結に関する業務
・派遣就業時の労務管理(給与計算、福利厚生等)
・当社が提供するサービス(各種キャンペーン、セミナー、イベント等)についてのご連絡
・メールマガジン購読に登録された方への配信業務
・インタビューページ及び当社PRページヘの掲載
・当社が行う調査・アンケートなどに関するご連絡
・キャンペーン・アンケート等の景品や謝礼の送付
・求人に応募された方の採否の検討・決定、及びご連絡
・役員、従業員の人事管理、労務管理(給与計算、福利厚生等)

2. 機微情報の取扱いについて
当社は、次に定める機微情報を取得し、利用及び第三者へ提供することがあります。取得の際には、明示的な同意を得るものとします。
・健康診断結果等、法令に定められる健康管理業務に必要な情報
・給与計算及び社会保険関連業務等の労務管理業務に必要な情報
・派遣先及び紹介先の適切なご提案に必要な保険医療情報
上記のほか、お客様自らが当社に対して機微情報を提供した場合は、当社が当該機微情報を取得すること、及び当社がお客様に対する適切な情報提供のために必要な範囲内において当該機微情報を第三者へ提供することにつき、お客様からの同意があったものとみなします。

3. 個人情報の第三者への提供について
皆様からお預かりした個人情報は、ご本人に事前に明示又は通知し、同意が得られた場合に限り利用目的達成のため、氏名・住所・電話番号・経験スキル等の所要項目につきまして、第三者に提供いたします。ただし、ご本人からのお申し出により第三者への提供は停止させていただきます。個人情報を提供する第三者は、以下の通りとなります。また、個人情報の提供は、電子ファイル・書面による受け渡しにてなされます。
・お仕事の紹介先
・福利厚生提携施設

4. 個人情報のご提供について
個人情報は皆様の任意によりご提供いただきますが、個人情報のご提出をいただけなかった場合に一部当社の提供するサービスが受けられない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

5. 個人情報の開示
当社は、当社が保有する個人情報に対し、ご本人より開示・訂正・削除のお申し出があった場合、合理的な範囲ですみやかにこれに応じます。
ただし、次のa)b)c)のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示・訂正・削除しないことがあります。
a)本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
b)当社業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
c)法令に違反することとなる場合
開示等のご希望をされる方は、下記のとおり当社所定の手順にてお手続きをお願いいたします。

開示等の受付方法

開示等のお申込は、以下の方法にて受け付けております。
【A.受付手続き】
■ 開示
「利用目的の通知・開示請求書」に必要事項を記入の上、弊社ご相談窓口に直接ご提出いただくか、下記の宛先まで郵便にてご提出ください。
請求書は下記窓口まで、お電話かメールにてご請求ください。
原則としてご本人のお申込みのみをお受けいたしますが、諸事情によりやむを得ない場合は、ご来社いただける場合のみ代理人によるお申込みをお受けいたします。
詳細については、「ご相談窓口」までお問合せください。
■ 訂正
「訂正等請求書」に必要事項を記入の上、弊社ご相談窓口に直接ご提出いただくか、下記の宛先まで郵便にてご提出ください。
請求書は下記窓口まで、お電話かメールにてご請求ください。
原則としてご本人のお申込みのみをお受けいたしますが、諸事情によりやむを得ない場合は、ご来社いただける場合のみ代理人によるお申込みをお受けいたします。
詳細については、「ご相談窓口」までお問合せください。
■ 利用停止・削除
電話又はメールにて直接担当コーディネーターへ、又は仲介業者からメールにて受付します。
お申込みはご本人、又は仲介業者からのみお受けします。
詳細については、「ご相談窓口」までお問合せください。
【B.ご本人の確認】
■ 開示・訂正
本人であることを以下のいずれかの書類にて確認いたしますので、ご持参いただくか、郵送の場合は写しの同封をお願いいたします。
※本籍地の表示がある場合は、マジック等で塗りつぶし、見えない状態でご提出をお願いします。
・運転免許証の写し、パスポートの写し、健康保険証の写し、住民票の原本等ご本人の確認ができる公的書類(本籍地・続柄の記載のないもの)
※郵送により受けました本人確認用書類は、開示請求の記録として、当社にて厳重に管理いたします。
■ 利用停止・削除
電話にて受付した場合は、管理画面を参照し、「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」のいずれか2項目を確認して、本人であることを確認します。
メールにて受付した場合は、折り返しお電話にてご本人の確認をします。
なんらかの理由によりご本人の確認が取れなかった場合は、利用停止・削除を行わない場合があります。
【C.代理人の確認】
■ 開示・訂正
代理人によるお申込みの場合は、次の方法により確認をさせていただきます。
本人又は未成年者又は成年被後見人の法的代理人の場合
・法定代理人本人であることを確認する書類(運転免許証・パスポート・健康保険証等の写し、その他本人確認できる公的書類のうち1点)
・法定代理権があることを確認する書類(健康保険証の写し、戸籍抄(謄)本、登記事項証明書のうち1点)
本人が委任した代理人の場合
・委任状
・本人の印鑑証明書
■ 利用停止・削除
利用停止・削除の受付に関しましては、代理人からの受付は致しかねますのでご了承願います。
【D.開示方法】
■ 開示
原則として書面の交付より回答いたします。
■ 訂正・利用停止・削除
電話もしくはメールにて回答いたします。

6. 業務委託について
当社は、よりよいサービスの提供と円滑な業務遂行の為、一部業務を外部に委託しており、その際、個人情報を委託業務の範囲内で委託先に預託することがあります。この委託先の選定に際しては、委託先においても個人データの管理、秘密保持、再委託の制限、お客様の個人情報の漏洩防止等に関して、適切な取り扱いがなされているかどうかについて基準を定めて慎重に評価しており、その評価に基づいて選定し、管理を行っています。
現在、当社が委託している業務は以下のとおりです。
・システムの開発業務
・配送業務
・教育研修業務
・福利厚生業務
・書類保管業務
・廃棄物処理業務


<当社への個人情報に関するお問合せ窓ロ>

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル1階
クラシス株式会社 ご相談窓口
【フリーダイヤル】0120-173-606 【FAX】03-5217-3603 【E-mail】privacy@krasys.jp


<プライバシーマーク>

当社は、個人情報の適正な取り扱いと保護の信頼性向上のため、個人情報保護法第37条に規定の「認定個人情報保護団体」として経済産業大臣および総務大臣より認定された財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の対象事業者として登録しております。
当社では個人情報に関するお問合せ窓口を設置し、皆様からのお問合せや苦情等をお受けしておりますが、当社の対応に対して疑問やご不満等があり、解決を必要とされる場合、あるいは当社の取り扱いかどうか不明な場合は、下記まで直接お申し出ください。
【お問合せ先】
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室
【住所】〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル内
【電話】03-5860-7565 【フリーダイヤル】0120-700-779



制定日 2004年 12月 1日
改定日 2018年 11月 20日
クラシス株式会社
個人情報保護管理者 梅澤晶代

掲載企業リスト50音順

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

ワ行

本社所在地

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 山梨
  • 長野
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知

関西エリア

中国エリア

  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口

四国エリア

  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知

九州・沖縄エリア

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

事業所所在地

業種別