ヤクジョブ通信ヤクジョブ通信

2019年01月07日

お粥だけじゃなかった!ご存知でしたか?七草「爪」

お粥だけじゃなかった!ご存知でしたか?七草「爪」

 セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ…そう、ご存知七草粥に入れられる春の七草です。1月7日、人日(じんじつ)の節句に、この七草の入ったお粥を食べるという風習はよく知られていますね。正月のおせち料理やお酒で弱った胃を休めるという健康への配慮と、1年を元気に過ごせるようにという願掛けの意味があります。
 この七草を使った健康のおまじない、実はお粥にして食べる以外にもあるのですが、ご存知でしょうか。その名も「七草爪」というこの風習から、1月7日は爪切りの日でもあるのです。

七草爪ってどうやるの?

 江戸時代に当時の風俗について記録を残した喜田川守貞によると、七草爪は以下のような手順で行われていたそうです。【1.切って残ったナズナを茶碗に入れて水に浸す。】【2.その水に家族全員が爪を浸す。】【3.この年初めての爪切りをする。】江戸を中心に行われた風習であり、京都や大阪では見なかったとも記されています。
 恐らく上記が正式なやり方ですが、簡単に済ませるならお粥に入れる七草をひたした水、または茹でたお湯に爪を浸すのでもOK。地域によっては1月7日にお風呂に入ってから爪を切るという文化もあります。

夜に爪を切ってはいけない理由

 爪切りと言えば、夜に爪を切るのは縁起が悪いとよく言われますが何故でしょうか。おおもとの1つは、中国から伝わってきた古いお話だと言われています。大きなミミズクのような姿に9つもの頭を持つ不気味な怪鳥、その名も鬼車鳥(きしゃちょう)。夜中に飛び回って災いを運ぶ存在であるため忌み嫌われているのですが、この鬼車鳥が人の爪を好むのだそうです。捨てられた人の爪を食べるという悪食…あまり関わり合いたくありません。
 もう1つ、単純に夜中は暗いので手元が狂いやすく、危ないから爪切りはやめておこう。という理由から夜中の爪切りが避けられていたという説があります。昔は現代で使われるようなものほど安全な爪切りもなかったことを考えると、それなりに説得力がありますね。
 1月7日に七草粥を食べるという方や、七草はそろわないけどナズナだけなら…という形で済ませる方、お粥に加えて爪切りもやってみてはいかがでしょうか?まだまだ寒い日が続くこの季節、健康には気をつけたいですよね。病は気からと言いますし、ただのおまじないと侮るなかれ。七草粥と七草爪にトライして、1年を元気に過ごしましょう。

 

ヤクジョブ通信

サポート登録はこちら

2019年03月18日

薬剤助手、アシスタント…非薬剤師による調剤業務をどう考えますか?

2019年03月18日

薬局での計数調剤を薬剤師ではなくアシスタントスタッフに任せるという試みは、海外では既に普及しています。また、病棟勤務の上で必要な事務仕事を非薬剤師に手伝ってもらうことに関しては、国内で試験的に実施している病院も。自動化に伴って調剤業務が変…

2019年03月11日

5月からは新元号!ご存知でしたか?元号のルール

2019年03月11日

西暦に対し和暦と呼ばれ、日本固有の暦である元号。現在31年目を迎えた「平成」は4月30日で終わり、5月からは新しい元号が使用されることが決まっています。今回はその元号の起源やルールを見てみることにしましょう。 元号は君主の権威を示すもの…

2019年03月04日

改正のポイントは?2019年薬機法改正の展望

2019年03月04日

2018年末、厚生科学審議会・医薬品医療機器制度部会から薬機法等制度改正に関する取りまとめが公表されました。取りまとめには、今後の薬局、薬剤師に求められる役割の指針となる内容が多分に含まれています。注目すべきポイントを中心に、改正の展望を…

バックナンバー >