ヤクジョブ通信ヤクジョブ通信

2019年01月15日

知っておきたい!女性にやさしいエクオールの秘密

知っておきたい!女性にやさしいエクオールの秘密

 政府が一億総活躍社会と称し女性の社会進出を推進する中、避けては通れない問題があります。女性ホルモンのゆらぎと、それに伴って引き起こされる更年期障害や月経前症候群(PMS)といった疾患は、心身に不調を生み出し、多くの女性を悩ませている問題です。標準治療としてホルモン剤を使った治療が確立されているのですが、いまひとつ普及が進んでいないのが現状です。
 代替治療法として、大豆イソフラボンを使った治療法が研究されてきましたが、その結果分かってきたことがあります。それは重要な働きをしていたのは、大豆イソフラボンの腸内菌代謝物である「エクオール」だったということ。今回はこのエクオールの働きについて見ていきましょう。

そもそもホルモンの揺らぎで何が起きているの?

 エクオールの効能を知る前に、更年期障害やPMSが引き起こされる原因について確認しましょう。まず、更年期障害の原因は卵巣機能が低下し女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が長期的に減少することです。のぼせや動機といった自律神経失調症や、不眠、イライラなどの精神神経症状が出ます。
 PMSは短期の症状で、月経1~2週間前から開始数日後にかけて黄体ホルモンの量が増えることでむくみなどの身体症状や、眠気やイライラといった精神症状が出ます。こちらは更年期障害に比べて医療分野でも認知が遅れていて、日本人成人の約180万人が未治療、パフォーマンスへの悪影響による経済的損失は約1兆円に上ると推定されています。

エクオール、その効能とは?

 更年期障害の改善効果に関しては、エクオールとプラセボ薬との二重盲検比較試験の結果から、1日10mgを12週間投与することで有意な効果が得られることが分かりました。また同様の試験では更年期障害だけでなく、メタボリックシンドローム対策や骨量減少抑制にも効果的であることが分かっています。
 PMSに関しては、大豆イソフラボンの月経周期2周期間での投与試験で、プラセボと比較して身体症状の改善に有意な効果があると認められています。また、大豆イソフラボンを摂取してもエクオールを体内で作れるエクオール産者と作れない非産者がいるのですが、一般公募者とPMS治療中患者では後者の方に非産者が有意に多かったという調査もあります。
 働きが女性ホルモンに近いため副作用も少なく、大豆由来ということで多くの人に抵抗なく受け入れられるであろうエクオール。症状はつらいがホルモン剤には抵抗が…という多くの女性の悩みを解決する代替案のひとつとして、その効能に大いに期待がかかる所です。

 

ヤクジョブ通信

サポート登録はこちら

2019年02月18日

禁忌肢に要注意、第104回国家試験の動向をチェック!

2019年02月18日

薬剤師国家試験の合格基準に相対基準が導入されてから4度目を迎える第104回試験。前回までの合格点、合格率をまとめるとともに、前回から変更された点についてもチェック。加えて、勉強する上で押さえたいポイントも見ていきます。 相対基準導入後の…

2019年02月11日

「花」といえば「梅」!古来から愛される梅の花ヒストリー

2019年02月11日

春になるまであと少し!桜の開花を楽しみにされている方も多いでしょう。しかし、まだ寒さの厳しい2月に開花を迎える日本の代表的な樹木もあります。それが、古来より美しい花と独特の香りを持つ実で人々に愛されてきた梅。今回はそんな梅について、日本文…

2019年02月04日

「健康寿命を延ばしたい」日本ヘルスケア協会の取り組み

2019年02月04日

2017年度の日本における平均寿命データは女性が87.26歳、男性が81.09歳。わが国は世界有数の長寿国であると言えますが、一方で平均寿命と健康寿命の差が大きいことが問題視されています。2018年9月に開催された第2回日本ヘルスケア学会…

バックナンバー >