コーディネーターコラムコーディネーターコラム

2018年11月09日

一度は悩む「人間関係」 

職場の「人間関係」で悩み、転職を考えているというご相談をよくお受けします。
「なんで、私の考えが上手く伝わらないのだろう」
「そんな言い方しなくてもいいのに」
「さっきお願いしたことを何でやってくれないのだろう」
「なんでそんな態度を取るのだろう」

このように、人間関係でストレスを感じた経験は誰もがあるのではないでしょうか。
薬剤師の方々を対象にしたアンケートでも、人間関係は退職理由の中でも上位にあげられています。
仕事をしていれば、少なからず考え方の違いや性格が合わない人は出てきます。一生懸命であればこそ、お互いに意見や考え方が衝突する場合もあります。
一時的なものやその場で解決できることであれば問題はないかもしれません。しかし、衝突することが続くと次第に相手を避けたり、当事者だけではなく職場全体の雰囲気も悪くなり、居心地が悪くなってしまいますよね?
そんな時は、たとえご自身に非がなかったとしても、ご自身の考え方や相手に対する接し方に本当に問題はなかったかを振り返ってみてください。接し方を少し変えるだけで、相手の受け止め方も変わり、改善できることがあります。
意見や考え方の違いが原因で衝突してしまいそうになったときは、自分本位にならず、まず相手の意見や考えをしっかりと聴いてみましょう。「相手の意見を聴く=受容する」ことで、共感できる部分や「こんな考え方もあるのか」と感じる部分があるかもしれません。
相手のことを知らなかっただけで、実は話を聞いていくうちに自分との共通点や自分が持ち合わせていない考え方・価値観を持っており、「なるほど…!」と良い刺激になることもあります。
受容することで、相手にも安心感が芽生えます。距離が近づくことで、その人の本当の人柄が少しずつ見えて関係改善に繋がっていくのではないでしょうか。
最初は仲が悪かったけど、きちんと話しをして、今では親友です!なんてこともありますよね!?


転職をお考えの方へメッセージ

人間関係はつきもの。どこへ転職しても、新しい人間関係が待っています。
不思議と、人間関係に問題がない方は、どんな場所へ行っても上手くやれるのです。「人が人を呼ぶ」とは正にこのことではないでしょうか。
気持ちの良い人間関係を作り上げるために、
「相手の話をしっかりと聞けているか」
「礼儀正しい立ち居振る舞いができているか」
「コミュニケーションが取れているか」
「相手を思いやる心を持っているか」
などを、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

大宮支店 Y.O

サポート登録はこちら