コーディネーターコラムコーディネーターコラム

NEW

2018年10月12日

面接成功への心得!絶対に抑えておきたい5か条

転職に面接は付き物。避けて通ることはできませんよね?
面接で良い印象を与え採用してもらうには、しっかりとした事前準備が必要です。
「面接の事前準備ってどんなことをすればいいの?」
という方のために、内定を勝ち取るためにクラシスのコーディネーターと登録者が、事前に打ち合わせしているポイントをご紹介します。

1、志望動機を明確に!
面接で聞かれないことはほとんどないはず。間違っても、「クラシスの担当者に薦められたから」とは答えないでくださいね!
なぜその会社を選んだのか、なぜその業務に従事したいのか、をきちんと伝えられるようにしましょう。「この会社で働きたい!」という気持ちが面接官に伝わらなければ、次のステップには進めません。

2、職務経歴書の仕事内容を詳しく記載する
転職回数が多い方や、様々な業務のご経験がある方は、職務経歴書に書くことが面倒になり、省いてしまわれることがありますが、それはNGです。ご経験は漏れなく書きましょう。そして、細かい業務について触れられた場合や、今までのご経験で何が身についたか、そしてそれを今後どのように活かしていくのかなど、答えられるようにしておきましょう。

3、退職理由は大事です!
複数回転職をされている方ですと、退職理由を聞かれます。過去を思い出し、整理しておきましょう。
「人間関係がよくなかった」「お給料が安かった」「入社前と後で条件が違った」など、たとえそうだったとしてもマイナスの印象を与えるような退職理由はNGです。

【退職理由 例A】
【人間関係がよくなかった】
→前職では、会社全体としてコミュニケーションがあまり取れていない職場で、それが原因でトラブルになることが何度かありました。改善しようと何度も試みましたが、私の力不足もあってか、状況を変えることができませんでした。
これからの時代、チームワーク・チーム医療がとても大事になると思うので、チームで仕事ができ、やりがりを感じる職場で働きたいと思い転職を考えました。

【退職理由 例B】
【お給料が安かった】
→日々の業務を通して、黙々と調剤業務をこなすというより、一緒に働くメンバーを指導する・まとめることが好きだということに気が付きました。管理薬剤師になるべく、ステップアップしたいと思うようになり、私なりに頑張ってきましたが、上の職位が詰まっていたため、なかなか認めてもらうことができませんでした。それで新たな道に踏み出したいと思い転職を考えました。

4、長所(強み)・短所(弱み)を考える
長所と短所をきちんと答えられるかで、自分自身のことを把握できているかがわかります。
過大評価をしすぎず、長所をアピールしましょう。また、短所に関しては、克服するためにどんな努力をしているかといったマイナスからプラスに持っていけることがベストです。

5、趣味も大切!
意外に思われるかもしれませんが、履歴書の『趣味欄』を埋めてもらっています。
面接の段階でご自身のことを詳しく話したくない方もいらっしゃるかもしれませんが、その人の人間性や人柄を見るためには、趣味に触れることが多いです。面接は、緊張した会話のやりとりが多いですが、趣味の話しをすることにより場が和みます。また、面接官と趣味が共通していると、その場で話が盛り上がり、内定率が上がるということも少なくありません!


 

転職をお考えの方へメッセージ

以上のように事前に打ち合わせを行い、様々な角度から面接対策をおこないます。
「こんなことを頑張ってきた」、「こんなことにチャレンジしたい!」、「こんなことが好き・得意」ということがあれば、少し仕事とは関係ないかもしれないと思っても、担当コーディネーターに話してみてください!思わぬところでそれが貴方のアピールポイントになるかもしれません!

横浜支店 A.I

サポート登録はこちら