コーディネーターコラムコーディネーターコラム

NEW

2018年06月08日

漢方薬剤師になりたい!転職する際の注意点は?

 以前私が担当させていただいた求職者の方が「漢方に関わりたい」とのご希望でした。私は色々な薬局さんにお電話しましたが充足中とのお返事が多く、なかなか面接まで進む事ができませんでした。そこで、まだ弊社とお取引のない薬局さんにもお電話したところ『毎週のように他社さんからも電話が掛かってきますよ』と、おっしゃっていました。漢方を取り扱う薬局は増えてきているものの、一般的な調剤薬局に比べると数は圧倒的に少なく、その中で求人を見つけるのは容易ではありません。漢方薬剤師を志す方にとってはまだまだ働き口が足りない、というのが現状です。
 その後も私は勤務先を精いっぱいお探しさせていただき、ご希望に沿った漢方専門の薬局さんをご紹介する事ができました。求職者の方の様々なご希望に応えられるよう、お取引先をもっと増やしていかなければ、と実感しております。

 それでは、漢方を希望される薬剤師が増えているのは何故でしょうか?
漢方とは生薬であり、自然に由来するものです。そのため化合物であるほかの薬とは異なり、比較的副作用が少ない点があります。身体にやさしい薬として、近年認識が進んだのではないでしょうか。また、希望される方の中で若い方が多い理由としては、
□学校で漢方の講義がある
□東洋医学、中医学の『未病』(事前に病を防ぐ)に興味を持つ方が増えた
□ドクターを介さずに、患者さんから症状を聞き自分自身で診断することに興味がある

等があげられます。

 競争率の高い漢方薬剤師ですが、転職活動を成功させるにはコツがあります!
□漢方薬の専門性をどのくらい高めたいのか考える
市販の出来合いの漢方薬を出したり、刻み・煎じまで行なったりと勤務先によって漢方との関わり方は大きく異なってきますので、一度整理してみましょう。
□求人サイト・転職コーディネーターを利用する
先にお話したように漢方薬剤師の求人数は少ないため、求人サイトで最新の情報をこまめにチェックする事をオススメします。また、ご自身の力だけでは転職活動を上手く進められない場合もありますので、思い切って転職コーディネーターに相談してみましょう。条件に沿った求人を紹介してくれるほか、些細な疑問や相談にも乗ってくれます。


転職をお考えの方へメッセージ

競争率の高い漢方薬剤師ですが、転職活動を成功させるためにも是非クラシスのサポートを利用してください!漢方専門の薬局さんから、漢方薬を多く取り扱っている調剤薬局さんまで幅広く紹介実績がありますし、これからも様々な企業さんを開拓してまいります。ご満足いただける就職・転職活動のお手伝いを出来ればと思いますので、お気軽にクラシスのコーディネーターへご相談ください。

 


御茶ノ水支店 I.Y

サポート登録はこちら