コーディネーターコラムコーディネーターコラム

NEW

2017年08月11日

「夏休みを40日取りたい!」

Yさんは、なかば再就職をあきらめていました。
お子様が二人いて、子供が小学生のうちは、夏休みは郷里でのびのびと過ごさせてあげたいと毎年、山形へ里帰りしているそうです。そのため、夏休みの時期、Yさんは都内にある自宅を空けることになります。午前中のみ扶養の範囲内で働きたいと考えていましたが、夏休みの期間は勤務できないということで、そんな都合の良い話を聞いてもらえる薬局はないだろうと思っていました。
このことから、弊社にご登録していただいた時も、再就職できるとはほとんど思っていなかったそうです。
たしかに夏休みの期間に働けない点は、雇う側にとってはマイナスの要素です。しかしマイナスの度合いがどの程度なのかは薬局により異なります。そのマイナスを補えるスキルやコミュニケーション能力があるならば、採用は不可能ではありません。
Yさんの夏休みの問題は、じつは期間限定(子供が小学生の間)で、あと2年もすれば普通に勤務できるのです。
Yさんは、転職回数も少なく、しっかりとスキルの積み重ねがありました。またお会いした際も気遣いもできる方で、周りの状況に応じて、応対ができそうな聡明な方と感じ、パートでも充分戦力になる方だと私は思いました。
それでも一定期間勤務できないという点から、受け入れていただける薬局が多くないことは私も理解していました。
そこで、薬局を探す際に、ポイントを絞ってあたることにしました。
まず夏場に患者様が増える皮膚科などを扱っている門前薬局はまず難しいと考えました。また、糖尿病など毎週必ず一定の忙しさが予想されるところも厳しいかもしれません。複数店舗、近隣に展開している薬局だと、他店舗からの応援体制があり採用される可能性があります。逆に個人経営の薬局では、代わりがいないため難しいかもしれません。
これらのことから私は、まずはYさんのご自宅近隣から求人を探していきました。ある程度予想はしていたものの、夏休みの部分がネックとなりなかなか見つかりませんでした。それでも少しずつ範囲を広げながら探していきました。夏場に忙しくなく、お盆休みを長く取っているクリニックや病院の門前薬局に可能性があると予想しました。
そのように絞って、近隣の薬局に電話をしていきましたが、門前払いの薬局が次から次へと続きました。それでも不可能な話ではないので私は薬局に電話をかけ続けました。
すると数日後、ある会社から面接したいとお返事をいただきました。その薬局はある中堅グループ会社の店舗でした。採用担当者の方が女性で、子育て中の女性に対してご理解がありました。店舗での取り扱い科目は脳外科。クリニックの門前で枚数もそれほど多くありません。普段は常勤一人で対応しているそうですが、午前中比較的忙しい時間帯があるのでそこを手伝ってもらえたら助かりますということでした。 場所もYさんの自宅から自転車で通える範囲。
さっそくYさんにご連絡したところ、面接に進めたことに驚き、喜ばれました。
事前にYさんの状況はお伝えしてあるので、一番の問題だった夏休みの件はクリアできていましたし、Yさんのお人柄、ご経験は問題なく、また向学心もある方だったので、先方よりぜひ採用したいといっていただけました。Yさんも家庭を持つ女性に理解のある会社に感銘を受け、無事、再就職が決まりました。



転職をお考えの方へメッセージ

Yさんのような夏休みを長期で取りたいという方が転職するのは、一般的に簡単ではありません。しかし不可能かといえば、不可能ではないのです。私たちクラシスでは様々な就業希望の方のご相談やお問い合わせをいただきます。長年の実績から、少し難しいかなという条件でも話を聞いていただける薬局もあります。
薬局によっては、その条件でも問題ないという場合もあり、あきらめずに、まずはご相談いただければ、私たちもいろいろなご提案をさせていただきます。
働きたいという気持ちにきちんとお役立ちできますよう、私たちコーディネーターは奮闘しますので、ぜひご相談ください!

御茶ノ水支店 M.T

サポート登録はこちら