コーディネーターコラムコーディネーターコラム

NEW

2018年10月05日

「実務未経験」「できない」の伝え方。面接でプラスの印象に変えるには…

人間誰もが、「できること」「できないこと」「得意なこと」「苦手なこと」があります。
これらを面接時にきちんと伝えられていますか?
「できること」「得意なこと」を話す時は、意識していなくても自然と言葉が多く出てきますし、表情豊かに伝えることができます。反対に「できないこと」を話す時は、言葉に詰まり、声が小さくなる。また、自信無さげな表情になっていませんか?
できることや得意なことは、自信をもってどんどんアピールしてほしいのですが、できないことや苦手なことをどう伝えるのかも、実は同じくらい大切なのです。

先日、ある調剤薬局の採用担当者から、面接した薬剤師の方についてお話を伺いました。

MRとして3年間活躍されていた薬剤師Aさん。調剤は未経験。
患者様にもっと近いところで仕事をしたいと思い、転職を決意。ハキハキと話をする明朗快活という言葉がぴったりの方だったそうです。 第一印象も人柄も良い。しかし…、

採用担当者 「調剤は未経験なんですよね?」
Aさん「はい、未経験です…。」
採用担当者「では、初めて取り組む調剤業務をどうやって出来るようになりますか?」
Aさん「どうやって!?…教えてもらえればできるようになります…。」


採用担当者は、事前の書類審査の段階で、調剤未経験だという事はもちろん知っていました。その上で求めていたのは、「未経験」「できない」という事実確認ではなく、できないことや初めて学ぶことに対し、どのように努力をして身に付けていこうとしているのか、気持ちや考えを聞きたかったのです。
しかし、そのような前向きな発言は無かったようです。
結果は、不採用。

できない事を伝えるのは、相手の反応も気になり、なかなか言いづらいものですが、「できない」と素直に言うことは大切なことなのです。しかし、「できません」と伝えるだけでは、言葉足らず。未経験でも、熱意や頑張る気持ちが伝わると、今後の期待を込めて採用する会社も多くあります。
受け答えの例としては、

■「はい、未経験ですが、新しいことにチャレンジすることが好きで、その為に勉強することを惜しまない性格です。積極的に業務に取り組んでいきたいと思っています。今から出来ることや、調剤業務についての良い参考文献があれば教えていただきたいです。」

■「はい、未経験です。最初は周りの方々にご迷惑をおかけしますが、自ら進んで業務に取り組みたいと思います。人の顔や名前を覚えることが得意なので、一緒に働く先輩方や患者様とコミュニケーションをしっかり取れる薬剤師を目指したいと考えています。」


など、上記のような受け答えができると、未経験でも印象が良くなるのではないでしょうか。
事実だけを伝えるのではなく、できないことをできるようになる為にどう取り組んでいくのかをしっかり伝えて、マイナスイメージを払拭しましょう!


 

転職をお考えの方へメッセージ

クラシスは、たくさんの面接に立ち会ってきました。
どんな質問が多いのか、その質問に対して、面接官が求めているのは何なのか…。蓄積された経験を元に、面接対策でノウハウをお伝えしています。

マニュアル通りの答えではなく、ご自身の言葉を使って、もっと魅力的にアピールできるよう、全力でサポートさせていただきます!

東北支店 M.F

サポート登録はこちら

2018年10月12日

面接成功への心得!絶対に抑えておきたい5か条

2018年10月12日

転職に面接は付き物。避けて通ることはできませんよね? 面接で良い印象を与え採用してもらうには、しっかりとした事前準備が必要です。 「面接の事前準備ってどんなことをすればいいの?」 という方のために、内定を勝ち取るためにクラシスのコーディネー…

2018年10月05日

「実務未経験」「できない」の伝え方。面接でプラスの印象に変えるには…

2018年10月05日

人間誰もが、「できること」「できないこと」「得意なこと」「苦手なこと」があります。 これらを面接時にきちんと伝えられていますか? 「できること」「得意なこと」を話す時は、意識していなくても自然と言葉が多く出てきますし、表情豊かに伝えることが…

2018年09月28日

こだわりすぎない・先入観にとらわれすぎない

2018年09月28日

1県で6店舗の調剤薬局を運営しているF社の社長から、以前ご相談を受けたお話です。 F社は、小規模ながらも大手に負けないほどの設備投資を行っており、薬剤師を育てるための教育体制もしっかり整えています。また、人事考課制度で社員を公正に評価するこ…

バックナンバー >