コーディネーターコラムコーディネーターコラム

NEW

2018年01月12日

海外好きな薬剤師に最適な派遣の働き方

私は現在、40名ほどの薬剤師さんを担当しておりますが、その中に日本で生活をしながら派遣就業でお金を貯めて、3ヶ月~半年ほど海外に留学に行き、また日本に戻ってきて派遣就業をしてお金を貯める。というサイクルで就業されている方が3名いらっしゃいます。逆に結婚を期に海外に移住して、年に1度、2~3ヶ月、日本に帰国した際に、派遣就業をしている方もいらっしゃいます。

前者の3名については、留学資金を貯めるのが目的のため、立地や科目・時間よりも時給を最優先で就業先を選ばれます。そのため、都心部ではなく住居用意の地方派遣を希望されます。言うなれば出稼ぎのようなイメージが近いかもしれません。
逆に日本に帰省される方は地元で就業しつつ、友人や家族と再会を楽しんでいる場合が多いようです。

後者はレアなケースかと思いますので前者の話を中心にさせていただきます。
正社員であればこのような生活をするのは、非常に難しいと思いますが、派遣薬剤師であれば可能になります。
薬剤師さん含め、医療従事者の方は旅行が好きな方が多い印象ですが、正社員だと留学どころかまとまった休みも取れない企業様も多いかと思います。やはり店舗を運営することが最優先になりますので、友人とお休みをあわせて1週間休みを取るのも一苦労なのではないでしょうか。
派遣薬剤師については有期雇用のため、海外に行きたい時期に合わせて契約期間を調整することが可能です。

仕事も大事ですが、それを支えるのはプライベートの時間だと思います。
上記のような方以外にも、海外旅行等で年に2~3回、1週間ほどの長期休暇を取得してご旅行に行かれる方も数多くおられます。
都心部より住居用意の地方に行かれた方は給与が高く、赴任費用・引越し代・家賃(主にレオパレス)が用意されます。『車がないと地方には行けないの?』とのご質問をいただくことも多いですが、お車がなくても地方に行かれている薬剤師さんもたくさんいらっしゃいます。
上記のような留学への資金作りの方以外にも、地方医療を見てみたい、旅行感覚で色々なエリアに行ってみたいetc・・・様々なご理由で住居用意の派遣就業を希望されている方がいるのです。


転職をお考えの方へメッセージ

クラシスでは交通費、赴任費支給の住居付き派遣なども多数用意しております。派遣の働き方や、地方派遣の就業の仕方、福利厚生・保険関係等、わからない方も多いと思いますので、まずはお気軽にご相談ください。


御茶ノ水支店 T.H

サポート登録はこちら