コーディネーターコラムコーディネーターコラム

NEW

2018年11月30日

薬剤師である母からのアドバイス… 2つの忘れてはならないこと

40代女性のRさん。キャリア的にはベテランの薬剤師!薬剤師を目指したきっかけは、お母様が薬剤師だったから。お母様の後姿を見ながら育ち、自然と同じ道へと進んでいたとのこと。
今回は、Rさんからお伺いした、お母様との印象深い出来事をお伝えしたいと思います。

薬剤師になり数年が経過。自信を持ちはじめたころ、Rさんは仕事で人生最大のミスをしてしまったのです。
患者様はもちろん、職場の信頼も全て壊しかねないくらい大きな大きなミスをされたそうです。
それはRさんに重くのしかかり、その後はミスが怖くて仕事に身が入りませんでした。薬剤師を辞めたほうがいいのではないか…。そこまでご自身を追い込んでいた中、初めてお母様にご相談されたそうです。
『改めて母の顔を見た時、母が薬剤師をやっていたからという理由で薬剤師を目指した自分が情けなくなりました。甘かったんですよね。患者様や職場の人から信頼を失い、今までの経験に自信が無くなってしまったことを正直に母に話しました。』

今まで仕事に関して何もおっしゃらなかったお母様からけられた言葉は、
『あなたが辞めたら、どれくらいの患者様が困ると思う?不安になる?職場の同僚の負担がどれだけ増える?そこまで考えたの?そうゆう人達を見捨ててもいいなら辞めればいいじゃない。でも、1人でも大切にしたい、力になりたいと思う患者様や一緒に働くメンバーがいるなら、今辞めてしまったら、後悔すると私は思う。たとえミスをしたとしても、迷惑をかけたとしても、薬剤師の仕事は薬剤師にしかできないものなの。
私が薬剤師として大切にしてきたことを、あなたに教えてあげる!それはね…、
「薬剤師は、患者様が常に困っていることを忘れてはならない」
「薬剤師は、患者様を守らなきゃいけないことを忘れてはならない」
この2つを、私はずっと忘れないように仕事をしてきたの。』

力強いお母様の励ましと、薬剤師としてプライドを持った姿が心に響いたそうです。

『母からの言葉に目が覚めたというか、改心してイチからまた薬剤師として頑張っていこうと、その時心に決めたんです!』 その時のRさんの笑顔がとても印象的でした。

【薬剤師】が出来ることは、この2つの忘れてはいけない気持ちのその先にあるのではないでしょうか。『薬剤師を続ければきっと、この先必ず誰かの役に立てるはず!』とRさん。
力強い気持ちの変化に、僅かですが触れさせていただいた1日でした。

転職をお考えの方へメッセージ

長い人生、人間誰もが失敗したり、壁にぶち当たることがあります。
そのような時、どうやって乗り越えますか?自分1人で乗り越えるのが難しい時、相談できる方はいらっしゃいますか?親身に受け止めてくれる方が身近にいらっしゃいますか?
身近に相談できる方がいなければ、私どものような第三者に話すことも有効な手段。客観的な意見を聞くことで、気付かされることもあります。
人生において非常に大切な【就職】【転職】のお手伝いをさせていただけることは、きっと何かのご縁だと思います。このご縁を大切に、更に先のご縁に導いていけるよう努力いたします。

御茶ノ水支店 M.T

サポート登録はこちら