コーディネーターコラムコーディネーターコラム

2018年09月28日

こだわりすぎない・先入観にとらわれすぎない

1県で6店舗の調剤薬局を運営しているF社の社長から、以前ご相談を受けたお話です。
F社は、小規模ながらも大手に負けないほどの設備投資を行っており、薬剤師を育てるための教育体制もしっかり整えています。また、人事考課制度で社員を公正に評価することにも力を入れ、社員にとってやりがいを作ること、そして働きやすい環境を整えることに重きを置いていらっしゃいます。
そう!働く環境面や社員を受け入れる体制はバッチリと整えられている会社様。
しかし、採用活動がうまくいかない…なぜなのか。

「地元の人間でもあまり足を運ばない地域に薬局を展開しているから、働きたいと思ってくれる人がいないのかな?見学にさえ来てもらえれば、きっと気に入ってもらえると思うんだけど…。」
このようにおっしゃる社長。
薬局のある場所は、県の中心部より車で15分程度の地域。車社会の地方都市なので、通勤にかかる時間としては決して不便ではないはず。
しかし過去には、
「行ったことが無い場所だから、通勤のイメージが出来ない」
「転職するなら、通勤しやすく便利で賑やかな地域で働きたい!」
と、辞退された方も複数いらっしゃったとのこと。

採用活動がうまくいかない理由の1つとして、F社の採用アピール(HP掲載や求人広告利用などの露出)がうまくできていなかったことが考えられますが、応募者側の「先入観」のようなものがあったかもしれません。

確かに、「勤務地」「通勤時間」は転職活動の重要なポイントです!
しかし、そこに拘りすぎてしまうと視野を狭めてしまい、理想の職場に出会う機会を失ってしまうかもしれません。
本来、なぜ転職をしようと考えたのか、何が自分にとって一番大切なのかをよく考えてみましょう。

迷っているなら、行動に移してみるのがいちばん!!職場見学をして損をすることはありません。ご自身の希望する条件と少し違っていても、見学してみる・面接を受けてみる。足を運び、ご自身の目で見て、聞いてから判断しても遅くはありません。先入観にとらわれず行動してみてください。


 

転職をお考えの方へメッセージ

転職活動は、精神的にも体力的にもパワーが必要。長い人生において、大きな意味を持つ活動です。あなたの人生のほんの一時かもしれませんが、それが一生を左右するものになるかもしれません。我々は、そんな薬剤師の皆様を成功に導くためのお手伝いをさせていただきます。後悔しない転職をするために、クラシスをご利用ください。

 

大宮支店 Y.I

サポート登録はこちら